">          

V系キタコレ!

  • mail
  • news
  • about
  • home
  • twitetr
  • facebook
 
閉じる
 
「悔いのないように自分らしさを詰め込んだ」YURAサマ1stフルアルバム発売記念インタビュー

キタコレポート

「悔いのないように自分らしさを詰め込んだ」YURAサマ1stフルアルバム発売記念インタビュー
volume
25714

今年の9月で40歳を迎えるYURAサマ。Dacco、THE BEETHOVEN、Psycho le Cému、Brotherと4つのバンドを掛け持ちし、さらに今回は8月14日、YURAサマとして初のフルアルバム『Colorful Life♪』をリリース。40歳という節目の年にどんな作品が仕上がったのか、語ってもらいました。

END

——『Colorful Life♪』、聴かせていただきました。まさにタイトルの通り、バリエーション豊かな楽曲が詰まっていますね。聴いていてハッピーな気持ちになりました。

YURAサマ:ありがとうございます。僕、基本的に特定な好きな音楽がなくて、幅広く楽しむ方なんです。偏っているアルバムよりもいろんな曲が詰まっているアルバムの方が個人的にも好きです。自分自身が聴いても好きだと言えるアルバムにしようと心がけました。

END

——『皐月の雨』なんかは演歌調で、他の楽曲とは少し違う雰囲気ですね。

YURAサマ:この曲は特に考えながら作りました。曲の雰囲気に合わせて歌うのは楽しかったです。

END

——『Tsutae Ai-Ai』は男性目線の歌詞と女性目線の歌詞に分かれているのが特徴的だなと思いました。

YURAサマ:今年に入って始めた趣味に読書がありまして、読んでいる本を参考にして、こんな書き方あるのかぁと勉強させてもらいました。同じ事柄を男性目線と女性目線、最終的には二人とも同じことを思っているよね、と。

END

——最近はどのような本を読まれたんですか?

YURAサマ:読書初心者なので、今のところ特にジャンルにこだわらずに読んでいますが、最近はミステリー小説を読んでいます。

END

——『まさか逆さま』はゲストが大変豪華ですよね。Kaya様にNoGoDの団長さんに小林写楽さんなど、錚々たるメンバーです。

YURAサマ:いやぁ、これは大変でした。お世話になっているバンドマンの皆さんに連絡して、それぞれ回文を読み上げもらいました。僕のTwitterをチェックしている方はご存知だと思いますが、毎日1つ回文をつぶやいているんです。それを作品として形にしたいなと思ったのがこの曲です。その回文をどのゲストに言ってもらうかを考えるのも楽しかったです。特に「耽美なビンタ」はKaya様のために用意した回文で、最初に決まりました。また、谷琢磨さんは女装家のパパなので「旦那なんだ」と言ってもらっていますし、犬神サアカス團の凶子さんは白塗りメイクなので「落としにくいメイクにしとぉ。」と言ってもらったり、極力その方の個性に合わせた回文を選びました。

END

40歳記念のアルバムでありファーストアルバムなので、2枚目を作ることは考えていません。だから、悔いのないように作りました。当初は2〜3名のアーティストさんにご協力いただくつもりだったのですが、せっかく『Colorful Life♪』というタイトルにしたので、よりカラフルにしたいと、たくさんの方に参加していただきました。

また、『まさか逆さま』は曲をデータ化したMIDIデータも左右対称になっています。回文だけじゃなく音まで逆から再生しても同じになるように作りました。(※音源は生演奏ですので逆再生しても同じにはなりません)

END

——そのように遊び心がある曲もありつつ『初恋のヒト』や『ヒヨドリ』など、切ない恋愛ソングも入っていますね。

YURAサマ:その2曲、実は実体験なんです。『初恋のヒト』は幼稚園のときの思い出ですね。これはDaccoでも演っている曲で、再アレンジしています。僕の中で代表作だと思っています。

END

——YURAサマは9月12日に行われるTSUTAYA O-WESTのライブで40歳を迎えますが、40歳になる実感はありますか?

YURAサマ:これがおもしろいことに、1年前にソロアルバムを制作することを発表して取り組んできたので、既に40歳になってしまっている気分なんです(笑)あっ、でもこないだ、役所から40歳の定期検診の案内が来た際、改めて年齢を実感しました。ライブが終わったらすぐに検診に行こうと思います! ライブ前に何か悪い箇所が見つかったら嫌なので(笑)

END

あと、20代の頃までは自分が良ければそれでいいと思っていました。でも、30代になって、ちゃんとファンの人たちが喜ぶ活動をしたい、ファンの人たちに生かされているんだということを考えるようになったし、40手前になった今もそう思っています。まだ発表できないこともあるのですが、これからはいろんな形で社会貢献していきたいです。

END

■YURAサマ 1999年に結成されたPsycho le Cemuのドラマー。Psycho le Cemuのほか、DaccoやTHE BEETHOVEN、Brotherでも活動中。2019年9月1日(日)からソロツアー、YURAサマ40th Aniversary Solo Concert Tour「Colorful Life♪」を予定。2019年9月12日にはTSUTAYA O-WESTにてファイナル公演。同タイトルのアルバムを8月14日にリリース。

取材・文/姫野桂
撮影・やわらかゆーすけ

END

prev next