">     
 
    volume 6982
  • 日本唯一の絶景スポットが茨城県笠間市にあった! 
    日本唯一の絶景スポットが茨城県笠間市にあった! 
    石切山脈/笠間市観光?@
  • さちい

    今回のキタコレポートは、日本を脱出し、遠い遠い異国の秘境からレポート!…ではありません!

  • さちい

    実は、ここは日本の関東地方なのです! ここは、茨城県笠間市稲田にある「石切山脈」、JR水戸線稲田駅より車で5分ほどで到着します。

  • さちい

    茨城県といえば、今年も「ブランド総合研究所」による「地域ブランド調査」では「魅力度」ランキング最下位…。「関東のみちのく」「これと言った魅力がないのが魅力」なんて言われたりもしますが、こんな素晴らしい景観の名所があったとは!

  • さちい

    最近でも小学生が社会科見学に訪れたり、 勝新太郎の映画・座頭市シリーズ 『座頭市 笠間の血祭り』や、香取慎吾主演の『西遊記』のロケ地としても使われたりしています。ちなみに座頭市は、笠間市の出身なのですよ!

  • さちい

    通称「石切山脈」と呼ばれるこの場所は、日本最大規模の「稲田石」採石場です。「稲田石」とは、ここ茨城県笠間市稲田付近から産する黒雲母花崗岩のこと。白みがかった美しい御影石は、日本が世界に誇る最高石材とされています。「稲田石」という名前は知らなくても、墓石や、建築物に使われているのを目にした方も多いのでは?

  • さちい

    中野組石材工業⑭は、明治32年2月に、稲田に花崗岩が開発されたことを知った創業者が入山したのが始まりです。「大材は中野組」「日本を代表する石・稲田石」と言われています。

  • さちい

    石を切り出しているところです。1辺が約4メートルほど。人間と並ぶと、その大きさがわかりますね!

  • さちい

    割るために、このように何本もドリルを打ち込んで行きますが、まっすぐに割れるわけではないそうです。切り出しても使いものにならない石が出て来ることもあり、良質な石が出て来るかどうか、割ってみないことにはわからないという一面もはらんでいます。

  • さちい

    ドリルで穴を開け、そこに砂と火薬を入れ、発破します。この糸状のものが火薬への導線なのですよ。

  • さちい

    こちらの小屋、なんだかわかりますか? 今は使われていませんが、その昔は、発破作業をするときの避難小屋として使われていたのだそうです。作業員がこの小屋に入って、身を守るためのものだったのですね。

  • さちい

    巨大な石は、そのままの大きさではとても運べないので、ショベルカーはじめ大型の重機で、ある程度の大きさに割ってから運びます。

  • さちい

    砕いた石をトラックで敷地内の工場へ運搬します。東西8�H、南北6�Hにも及ぶ広大な採石場の中に、工場があります。

  • さちい

    自動車を洗車する時のように、こちらの石が進んで行くと、カットされる仕組みの機械です。「ダイヤモンドワイヤソー」といい、石が通過する場所に、人工ダイヤモンドが付いたロープが張られているのです。

  • さちい

    直径4メートル近くあるノコギリ! すごい迫力ですね。

  • さちい

    切断された石は機械に備え付けられた砥石で磨かれて行きます。

  • さちい

    これはさらに石をカットしているところ。

  • さちい

    砥石もこんなにたくさん種類があります! 荒い目のものから、だんだんと細かい目のものにして、ざらざらの石をツルツルに磨いていきます。

  • さちい

    研磨には水を使用するので、工場内には絶えず水が流れ、冬場はかなり寒いそうです。

  • さちい

    磨いた稲田石の断面! 工場の窓が写っているのがわかりますか? 研磨していない面と比べると、本当に鏡のようななめらかさ、光沢を持っています!

  • さちい

    長方形にキレイにカットされた稲田石! 現場の人は、通称「羊羹」と呼んでいるそうです。均一にカットされた石が、整然と整列された様子は圧巻ですね!

  • さちい

    人間の顔のようにも見えるデザインがなんともユーモラス! 加工された石は、このようなオブジェとして用いられたり、神社仏閣の鳥居や石段にも使われることもあります。最近では、恵比寿ガーデンプレイスのモニュメントや、出雲大社常陸分社の鳥居、明治神宮本殿境内敷石・東京大神宮境内もこの稲田石が使われています。

  • さちい

    今回のキタコレポイントは「茨城県笠間市の絶景スポットを目撃する!」でした。さて、この荘厳な建物は、日本三大稲荷の一つ、笠間稲荷神社です。実は、こちらの石段に使われているのも、稲田石なのです! 笠間市特集はまだまだこれから。笠間観光シリーズは、笠間稲荷神社の菊まつりレポートへと続きますので、お楽しみに!