">     
 
    volume 27706
  •     自分で作るパフェ!? 新宿のど真ん中にある猿田彦珈琲の新店「喫茶パステト」
    自分で作るパフェ!? 新宿のど真ん中にある猿田彦珈琲の新店「喫茶パステト」
    喫茶パステト produced by 猿田彦珈琲
  •     五十嵐ゆきまろ

    都内ではリニューアルした原宿駅の中に23区初の大型店「猿田彦珈琲 The Bridge 原宿駅店」を、今年の4月にはベーカリー併設カフェ「猿田彦珈琲とオキーニョ 亀戸店」をオープンするなどさまざまな展開をしている猿田彦珈琲。そんな猿田彦珈琲が、パフェ専門店をオープンしたことはご存知でしょうか。しかも場所は新宿のど真ん中です!

  •     五十嵐ゆきまろ

    新宿駅東口すぐの場所に2021年10月にオープンしたのは「喫茶パステト produced by 猿田彦珈琲」。プロが淹れた珈琲とデザートを楽しめるお店だそう。地下をおりると入口があります。

  •     五十嵐ゆきまろ

    店内はとても静かで落ち着いた雰囲気。とても目の前が新宿駅東口にあるとは思えません!

  •     五十嵐ゆきまろ

    フード類はトーストとパフェのみ。お得なセットにすると、コーヒーもしくは紅茶もついてきて、いずれもおかわり自由で楽しめます。そしてコーヒーは猿田彦珈琲4種のスペシャリティ珈琲をおかわり自由で飲み比べることができるそう!

  •     五十嵐ゆきまろ

    こちらは浅煎りの「ニカラグア」という種類です。ワインやドライフルーツを思わせる奥深い味わいが特徴のコーヒー。色がコーヒーとは思えないほどオレンジに近い明るい茶色ですね。この日は暑かったのでアイスで飲んでみましたが、スッキリとしていて飲みやすい! 初めて浅煎りのコーヒー体験でした。

  •     五十嵐ゆきまろ

    こちらがトースト。猿田彦珈琲のベーカリーブランド「オキーニョ」の食パンを使用しています。厚切りトーストと2種類のホイップバター、かぼちゃジャム、ホイップクリームの上に乗ったブルーベリージャムがセットになった豪華なプレートです。

  •     五十嵐ゆきまろ

    感動したのが2種類のホイップバターです! 白い色のものはプレーンバターで、濃い色のものは焦がしバター。プレーンバターは馴染みのあるバターの味わいでしたが、焦がしバターはバターにコクと深みがグッと増してものすごく美味しい! パンに塗るととてもゴージャスなホテルの朝ごはんという雰囲気を楽しめました。

  •     五十嵐ゆきまろ

    かぼちゃジャムはかぼちゃの風味をしっかり感じますが、甘さは控えめです。バター、かぼちゃ、ブルーベリージャム、ホイップクリームといろいろなトッピングのおかげで、サクサクふんわりの食パンを最後まで飽きずに食べられちゃいました!

  •     五十嵐ゆきまろ

    ちなみにプラス300円でおかわりトーストをもらうことも可能です。コーヒーと食パンというシンプルな組み合わせがこんなに優雅で多幸感あふれるものになるなんて、さすがは猿田彦珈琲!

  •     五十嵐ゆきまろ

    そして待ちに待ったパフェも注文しました。こちらは「ベリー&ピスタチオ」です。運ばれてきた瞬間、思わず「うわ~!」と声を出してしまいました。なにこれ!

  •     五十嵐ゆきまろ

    パフェは、エグゼクティブパティシエがこのお店のために開発したそう。猿田彦珈琲のアイスクリームブランド「TiKiTaKa ICE CREAM」のアイスクリームや季節のフルーツ、ホイップクリームなどが何層にも重ねられていて見ているだけでも幸せな気分です。一番上にはメレンゲクッキーが!

  •     五十嵐ゆきまろ

    このお店のパフェは普通のパフェとは違って、付け合わせでさまざまな楽しみ方ができるようになっています。パフェの中にも入っているベリーコンポート、シャンティローズルージュ(ホイップクリーム)、ソースフリュイルージュの3種類の付け合わせはそのままで食べてもいいし、パフェにプラスして味を足すこともできます。

  •     五十嵐ゆきまろ

    パフェ単体でもものすごくおいしいのに、付け合わせをプラスしていけるなんて至福すぎる! ちなみに中には甘くないピスタチオアイスやチーズケーキなども入っていて、ベリーだけじゃない素材もたっぷり。

  •     五十嵐ゆきまろ

    一通り食べたところで付け合わせを足してみました。自分で創作しているようでワクワクしますね。

  •     五十嵐ゆきまろ

    食べ進めるうちに「もっとクリームを食べたい!」「ベリーの甘酸っぱさを足したい」と思っていたので、付け合わせをプラスすると大満足! パフェをもう1品食べている感覚です。

  •     五十嵐ゆきまろ

    食べている途中で、パフェが乗っているプレートに仕掛けがあることに気が付きました。なんとすべてのグラスがピッタリとプレートにハマるようにデザインされています。このメニューのために特注したプレートとグラスなのでしょうか。こういう細かい部分が満足度を爆上げするんですよね。

  •     五十嵐ゆきまろ

    甘いパフェには深煎りのコーヒーがピッタリ合いました。自分だけのお気に入りのコーヒーや好きなペアリングを見つけるのも楽しい「喫茶パステト produced by 猿田彦珈琲」。みなさんも新宿に行った際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。