">     
 
    volume 27671
  •     大豆肉バーガーに豆乳ソフトのシロノワール!コメダ珈琲の新業態「KOMEDA is 東銀座店
    大豆肉バーガーに豆乳ソフトのシロノワール!コメダ珈琲の新業態「KOMEDA is 東銀座店
    KOMEDA is 東銀座店
  •     五十嵐ゆきまろ

    喫茶店ブームの中で、人気の一途を辿るコメダ珈琲店。そんなコメダが昨年7月、サステナブルな新業態「KOMEDA is 東銀座店」をオープンしました。すべてが植物性食材のメニューで展開されており、地球の未来をともに考える店舗とのこと。一体どういうお店なのか、行ってみました!

  •     五十嵐ゆきまろ

    お店が入っている銀座松竹スクエア側の入り口は、何やら緑豊かな外観。森の中にある喫茶店のような雰囲気です。

  •     五十嵐ゆきまろ

    店内中央にはドドドーンと木がありました。こちらは「再生の木」と言い、なんと廃材を重ね合わせているんだとか。店内にはこのほかにもサステナブルな取組みが随所に散りばめられ、リサイクルガラスを細かく混ぜて作ったエコフロアやコーヒーかすを混ぜてできた壁、廃棄ガラスを溶かして作ったペンダントライトなども。店内でそれらを1つずつ見つけるのも楽しいですよ。

  •     五十嵐ゆきまろ

    「KOMEDA is 東銀座店」のメニューはこちら。サンドイッチやトーストのほか、バーガーやおつまみなども展開しており、朝昼晩とさまざまな楽しみ方ができるようになっています。バーガーやサンドイッチには大豆ミートや豆腐などの名前が。本当に植物性食材のみで作られています!

  •     五十嵐ゆきまろ

    通常のコメダと同様に朝11時まではモーニングも実施しています。ドリンクを頼むとついてくるトーストのトッピングは、上白糖不使用のジャムや豆乳クリームチーズなど。季節のスープや季節の一皿を選ぶことができ、より優雅な朝食が味わえそうですね。

  •     五十嵐ゆきまろ

    筆者はまず、「アイスオーツミルクコーヒー」なるものを注文。オーツミルクとはオーツ麦から造られる植物性のミルクです。そのままで飲んでみるとオーツ麦の香ばしい風味がしっかり感じられます。オーツミルクを始めて飲んでみましたが、意外にもさっぱりとしていて飲みやすい!

  •     五十嵐ゆきまろ

    こちらは「豆腐フリット&米粉ポテトフライ」。カラっと揚げた大豆肉と米粉を使ったポテトフライです。

  •     五十嵐ゆきまろ

    見た目は完全に鶏のから揚げ。口に運ぶと、味も唐揚げ! ジューシーでジュワっとしたお肉のような食感もあり、言われなければ本当の鶏肉だと勘違いするレベルでした。大豆くささもなくてめちゃ旨…!

  •     五十嵐ゆきまろ

    そして米粉ポテトフライも美味。ハンバーガーチェーンのフライドポテトと何が違うのかさっぱりわからないほど、ただただ美味しいポテトです。ここまで食べてみて筆者は気付きました。あれ、植物性食材だけを使った食事って普通に美味しいじゃん!

  •     五十嵐ゆきまろ

    しかし、さすがにハンバーガーは本物のお肉に勝らないでしょう。ということで看板メニューでもある「べっぴんバーガー アボ照り」を実食してみます。

  •     五十嵐ゆきまろ

    写真とは違ってかなりどでかい! このコップも一般的なものより2周りほど横に大きいのですが、そのコップの2倍ほどの大きさがあります。一目見て「これは一口でガブリとはいけないやつだ…」と唸るほど。

  •     五十嵐ゆきまろ

    「アボ照り」は大豆ミートのパテに、味噌や醤油をベースとした熟成の調味料を使ったソースを合わせ、アボカドとトマトをふんだんにトッピングしています。さらにマヨネーズではなく豆乳ベースのソース。

  •     五十嵐ゆきまろ

    かなりヘルシーな素材を使っていますが、食べた感覚としてはハンバーガーらしくジャンキーなおいしさです。味噌や醤油、豆乳などのソースと大豆ミートはそれぞれ大豆を使っているので違和感のないバランス。どことなく和風テイストを感じておいしいです。またパンは米粉を使っているのでもっちりとした弾力が楽しめました。

  •     五十嵐ゆきまろ

    そして今年の夏から発売がスタートしたのが「プラントベース シロノワール」。コメダ名物のシロノワールを植物性食材のみで仕上げています。

  •     五十嵐ゆきまろ

    上に乗っているソフトクリームは豆乳ベースになっているので、本家のシロノワールよりもとてもあっさり。この甘さ控えめなソフトクリームと熱々のデニッシュ、サトウカエデの樹液100%のメープルシロップ、ラズベリーがマッチ。さっぱりしているので、食後のデザートとしてもペロリといけちゃいました。

  •     五十嵐ゆきまろ

    食後にホットの「オーツミルク」を飲んでみると、もういろいろなメニューを食べてきて口の中が完全にプラントベースになっているのでまったく違和感なし。香ばしいオーツ麦の味わいは結構クセになりそう。牛乳や豆乳に比べてオーツミルクは栄養価も高いので、飲んだだけで健康になって気分です。

  •     五十嵐ゆきまろ

    ふとテーブル脇を見ると通話やweb会議をやめるよう促す注意書きが。これだけだと他のカフェにもよくあるものですが、2030年まで達成すべき17の目標を掲げたSDGsのうち、17番目の目標が記載されていました。ただゴミを無駄にしないことや大豆肉やオーツ麦を口にするといったことだけでなく、相手を思いやることがサステナブル社会へと繋がることを実感させられます。

  •     五十嵐ゆきまろ

    今回ご紹介したメニュー以外にも米粉を使ったパンケーキや大豆の油淋鶏、soyハムカツホットサンド、こんにゃくピクルスなど気になるメニューが目白押し。本家のコメダ同様に多彩で美味しいラインナップをボリューム満点で提供してくれる「KOMEDA is 東銀座店」。“プラントベース”や“サステナブル”という文字が躍るとなんとなく躊躇しがちな人もいるかもしれませんが、このお店は何も考えずにふらっと来れて素敵な時間が過ごせますよ。