">     
 
    volume 27668
  •     六本木アマンドで喫茶店好きが「純喫茶」について語るトーク企画開催!
    六本木アマンドで喫茶店好きが「純喫茶」について語るトーク企画開催!
    「アマンド 六本木店」
  •     きっさだいすき男

    「アマンド 六本木店」で11月1日、純喫茶情報サイト「純喫茶ジャーニー」の公開記念トークイベントが都内で行われ、キーコーヒー株式会社社長の柴田裕さん、東京喫茶店2代目所長の難波里奈さん、首都圏タウン情報誌「散歩の達人」統括編集長の武田憲人さんが登壇しました。

  •     きっさだいすき男

    ノスタルジックな雰囲気が魅力となり、若い女性を中心にブームとなっている純喫茶。同サイトはそんな純喫茶をより知ることができる場所を設けたい。そんな思いで誕生したそうです。

  •     きっさだいすき男

    運営元であるキーコーヒー社長の柴田さん。「純喫茶ジャーニー」という名前には、「純喫茶の魅力を知り、純喫茶を巡ってほしい」という意味を込めたそうです。

  •     きっさだいすき男

    「東京喫茶店研究所」2代目所長の難波さん。現在は日本橋に勤務の会社員でありながら、仕事帰りや休日などを使い、これまで延べ2000軒以上の純喫茶を尋ねたそうです。

  •     きっさだいすき男

    武田さんは雑誌「散歩の達人」統括編集長であり、2016年には「KEY COFFEE SHOW」にも出演しました。

  •     きっさだいすき男

    「純喫茶は単なる店ではなく、人々の心により深く刻まれる場所であると思う。新型コロナウイルスの影響で純喫茶も減りつつあるが、自分の心の中には店の思い出がずっと残っている」と武田さんは語ります。

  •     きっさだいすき男

    また、「コロナ禍での喫茶業界の変化」という質問に対して、柴田さんは「やはり我が社でも売り上げは下がってしまった。しかしそんな中で今年は喫茶のメニューや外観の写真をSNSに積極的にアップしたりと、キーコーヒーでもさまざまな工夫を行った」と話しました。

  •     きっさだいすき男

    難波さんも話に加わり「コロナ禍だからこそ、キーコーヒーさんと連動して写真のアップや純喫茶の情報が誰でもみられるサイトを作りたく、純喫茶ジャーニーを作ることを決めました」とトークを展開。

  •     きっさだいすき男

    「コロナ禍であるが人々からのニーズは高いように感じている。純喫茶ジャーニーをうまく使い、若年層でも気軽に入れるように私たちからもアプローチしていきたいと思っている」と武田さんは思いを語りました。

  •     きっさだいすき男

    続いて「お店選びのポイントはあるか」との質問。難波さんは「実はキーコーヒーさんの看板を目印にしているんです。今は街を歩いていてもこの青い背景に黄色い看板が瞬時に目に入ってしまいます(笑)」看板の存在にはとても救われているそうです。

  •     きっさだいすき男

    これに柴田さんはとても感激していました! 「喫茶店がきっかけでキーコーヒーを知ってくださる方も多いので、これからも難波さんのような喫茶店愛に溢れている人が増えてほしいです」(柴田さん)

  •     きっさだいすき男

    続いては難波さんが監修し、期間限定で販売される「アマンド純喫茶メニュー」について、難波さんとアマンド六本木店店長、八重尾純一さんとのトークショーです。

  •     きっさだいすき男

    その中でも「復刻! 特別サンドイッチ2021」(1000円)は、アマンドで昭和時代に提供されていたサンドイッチにアレンジを加えたそう。「当時のレシピに喫茶店で人気のあるカレーソースを加えてホットサンドに仕上げました」(八重尾さん)

  •     きっさだいすき男

    難波さんは「クリームソーダ」(800円)について、複数の味を作ってほしいとお願いしたところ、まさかのバナナ味を開発! 「今までの喫茶店では一度も見たことがなく、びっくりしたんですけど、飲むと意外にスッキリしていておいしいです!」

  •     きっさだいすき男

    終始和やかな雰囲気で登壇会は終了。最後は柴田さん、難波さん、武田さんとの写真撮影が行われました。

  •     きっさだいすき男

    その後、今回提供されるアマンド純喫茶メニューがお披露目。一人でも友人同士でも楽しめるようなメニューが5種類並びました。

  •     きっさだいすき男

    その後は実際に試食。「よくばり純喫茶セット」(1,300円)は喫茶店の王道メニュー、ナポリタン・プリン・クリームソーダが楽しめるセットとなっています。

  •     きっさだいすき男

    麺には喫茶店で提供されるようなモチモチとした食感の太麺を使用。目玉焼きにはうずらの卵を使っているそうです。

  •     きっさだいすき男

    バナナ味のクリームソーダは甘ったるさがまったくなく、スッキリとした後味でゴクゴク飲めました! 六本木の「アマンド」、みなさんもぜひ立ち寄ってみてください!