">     
 
    volume 27662
  •     【スペシャル対談!】マキタジャーナル 槙田紗子×山崎あおい
    【スペシャル対談!】マキタジャーナル 槙田紗子×山崎あおい
  •     槙田紗子

    槙田 今日はよろしくお願いします。山崎さんには、先日、私がプロデュースするアイドルプロジェクト『SACO PROJECT!』に楽曲を提供して頂きました。本当にありがとうございました。
    山崎 ありがとうございました。
    槙田 マキタジャーナルは、私が会いたい人に会って、聞きたいことをガンガン聞いていくという企画なので、今日はたくさんお話聞かせて頂けたらと思います!
    山崎 よろしくお願いします。
    槙田 私、山崎さんがデビューされた当時に、渋谷のビジョンにCMが流れていたのをめっちゃ見ていました。
    山崎 流れてました?
    槙田 はい。それがずっと印象に残ってて、“山崎あおい”っていう名前をずっと覚えてて。
    山崎 恥ずかしいですね。
    槙田 その後は、私ハロプロさんが大好きなのですが、ハロプロさんに山崎さんが提供された曲=間違いないというイメージを持っていました。
    山崎 ありがとうございます。
    槙田 あれですよね。間接的に1度、、
    山崎 はい。お仕事一緒に。
    槙田 はい。山崎さんが作詞作曲された超ときめき♡宣伝部の『さくら燦々』という曲の振付を担当させて頂きました。(さくら燦々 Dance Practice Video ) 曲を頂いたときにクレジットが書いてなくて、山崎さんが楽曲をつくられたということは、後からネットニュースで知りました(笑)。
    山崎 遠回りでしたね!(笑)
    槙田 でも知った時はぶち上がりました。
    山崎 ありがとうございます。逆(作家が振付師を知ること)もなかなか知る機会ないですね。それこそハロプロさんだと、ファンの皆さんが振付師が誰とかも気にするから、そういうので知ったりはしますけど。
    槙田 ファンの方の情報で知るんですね!
    山崎 こういう先生がいるんだ〜みたいな。でも、作曲家と振付師ってなかなか交わらないですよね。同じ曲をやっていても。

  •     槙田紗子

    槙田 そうですね。音楽とダンスはすごく密接したもののはずなんですけどね。
    山崎 そうですよね。
    槙田 自分の曲にダンスがつくって、どういう感覚なんですか?
    山崎 もう、最初はぶち上がりました。夢が叶ったみたいな感じで。ずっとシンガーソングライターとして曲を作ったり、歌ったりはしてきましたけど、踊る機会もなかったし。頭の中にこういう振りかなってイメージみたいなのはあっても、、
    槙田 振りのイメージがあるんですか?
    山崎 自分の曲はないですけどね。最初にアイドルの曲を書かせてもらって、踊ってるのを見たときは、あぁ、、生きててよかったぁ、、と思いました。
    槙田 そんなに!
    山崎 多分、作曲家はみんな喜んでいると思いますね。
    槙田 全然想像できないです(笑)。山崎さんが音楽に目覚めたきっかけっていうのはあったんですか?
    山崎 昔からピアノとかは習ってたんですけど、中学校1年生のときにYUIさんがすごく好きで。世代じゃないですか。
    槙田 ドンピシャですね。
    山崎 YUIさんに憧れて、YUIさんになりたい一心でギターを練習して、YUIさんが曲作ってるから私も作る!みたいな感じで始めたのが最初のきっかけでした。
    槙田 そこで自分にもできるって思えるのがすごいです。
    山崎 でも、最初は本当にひどかったです。
    槙田 中学生のときって、どんなことをテーマに曲作りするんですか?
    山崎 等身大で曲を作るとか、思ったことを言葉にするみたいな考えがそもそもないので、何となく曲っぽいものを作ってみるみたいなところから始まりました。なので、何故かめちゃくちゃ束縛の激しいラブソングを歌ってみたりとか(笑)。初恋もまだなのに。
    槙田 そうなるんですね!(笑)
    山崎 そういう感じが、ただただ恥ずかしいです。
    槙田 若いからこそできるみたいな。
    山崎 そうですね。痛々しい。

  •     槙田紗子

    槙田 そこから、音楽を職業にしたいなって思ったきっかけはなんですか?
    山崎 何だったんだろう。絶対に音楽を仕事にしたいっていう気持ちは、そんなになくて。なるべく安定した人生を送りたいなって思ってるタイプだったんですけど、中学校3年生のときにオーディションに初めて参加して、そこで後々デビューすることになる事務所の人たちと出会いました。それから、CD出してみたいな、PV撮ってみたいな、デビューできたら嬉しいなと思い始めたという感じです。
    槙田 すごい!中3で、デビューする時にご一緒する方々との出会いがあったんですね。
    山崎 そうですね。
    槙田 音楽やってなかったら、やってたかもしれない職業ってありますか?
    山崎 何だろう、、ありますか?
    槙田 私も中3で事務所に入ってしまったので、あまり考えたことがないんですけど、この世界って明日仕事がなくなる可能性があるじゃないですか。なので、もしそうなったらCMを作る仕事がしたいなと考えたりします。
    山崎 あー!それ、私も思ってました。
    槙田 本当ですか!
    山崎 電通の社員になりたいって(笑)。
    槙田 分かります。楽しそうですよね。
    山崎 CMプランナーとか、テレビ作る人とか。どっちにしろ、そういうキラキラした世界には憧れていたかもしれないですね。
    槙田 結局全然安定じゃないですね(笑)。
    山崎 確かに。
    槙田 そして、デビュー9周年おめでとうございます。
    山崎 ありがとうございます!
    槙田 音楽をずっと続けられてる理由は何なのでしょうか?
    山崎 何だろう、、別にない気がします。

  •     槙田紗子

    槙田 今まで、やめたいと思ったことはありますか?
    山崎 やめたいとは思ったことはないです。逆に、もっとばか売れして、めちゃくちゃ大金持ちになったらやめてもいいかな?みたいな気持ちになるかもしれないですけど、中途半端な位置でずっときてるので。
    槙田 いやいや、そんなことはないです。
    山崎 バイトしなくても大丈夫だけど、そんなに音楽で儲けたぜっていう感じでもない位置だから、ずっとハングリー精神を持ち続けてられるんじゃないかな。
    槙田 でも、音楽で生活できるってすごいことです。
    山崎 ありがたいですよね。本当に。
    槙田 私、山崎さんの作られる曲の、感情の表現の仕方がすごく好きなんですけど、曲を制作している様子をドキュメンタリーで拝見して、意外と淡々と黙々と作られているんだなと感じました。いろんな作り方があるとは思うんですけど、例えば、歌詞書くために旅行に行く人とかいるじゃないですか。
    山崎 いますね。絶景を見ながら筆を執るタイプ。
    槙田 そうです。そういうタイプの方もいらっしゃるので、山崎さんがすごく淡々と、きらきらした世界観の歌詞を書いたりできるのがすごいなと思って、驚きポイントでした。
    山崎 確かにそうかもしれないです。あまり曲を書くために何かを感じに行かなきゃとか、心を動かして歌詞を書かなきゃみたいなタイプではないかもしれないですね。逆に、ルノアールとか現実味のある場所が一番書きやすいですね。
    槙田 そうなんですね。どういうところからインスピレーションを受けるんですか?
    山崎 作家仕事なのか、自分の楽曲なのかによって全然違うんですけど、特に作家仕事の場合は、淡々といただいた資料だったり自分で調べたものとかを見て、最近ってどういうことを書けば響くんだろうなとか、色々考えながら書くことが多いです。逆に、シンガーソングライターとして書く曲は、感じて書くみたいなことを大事にするようにはしています。
    槙田 ご自身の楽曲を作るときは、自分の気持ちを書くことが多いですか?
    山崎 どちらかというとそうですね。
    槙田 実体験を元に書いたり?
    山崎 そうですね。せっかく自分で曲を出させてもらえるんだったら、そういうふうに残していきたいなとは思ってます。

  •     槙田紗子

    槙田 楽曲提供のお仕事と、自分で歌うお仕事をずっと両立されている理由は何かあるのでしょうか?
    山崎 作家仕事は、もともとすごくやりたいと思っていて。振りが付くのも楽しいし、シンガーソングライターとしてはできないことだと思うし、何よりグループがすごく好きで。
    槙田 そうなんですね!
    山崎 色々な人が声を合わせて歌ってるその状況がスターっぽくてかっこいいなって憧れているところもあるので、ずっと音楽で関わっていけたらいいなと思っています。 でも、そればかりやっていると、人には歌わせられない個人的な気持ちとか、個人的にやってみたい音楽が溜まっていくので、それを自分でやっているっていう感じですかね。
    槙田 なるほど。バンドとかやるタイミングはなかったんですか?
    山崎 高校生のときにやってました。でも私、協調性がなくて(笑)。
    槙田 そうなんですか?
    山崎 はい(笑)。1人のほうが楽です。
    槙田 自分が苦手なことって憧れたりしますよね、、、
    山崎 確かに。だからグループ好きなのかも。
    槙田 私は少し前まで、自分で表現することと、自分で作ったものを人に表現してもらうことを両極端に捉えていて。自分が表現することに対して、あるとき「もういいや!」ってなっちゃったんです。
    山崎 へぇー!どういうタイミングでですか?
    槙田 自分がグループにいたときに、自分たちの曲に振り付けをする機会があって、そのときにメンバーが踊ってるのを見て、多幸感が凄かったんです。
    山崎 こっちだ!みたいな。
    槙田 はい。自分がパフォーマンスするのも好きだったんですけど、自分の脳みそにあるイメージを誰かが形にしてくれることってこんなに感動するんだって思いました。
    山崎 嬉しいですよね。
    槙田 それで、自分はもうステージに立たなくていいやって思ってしまったので、山崎さんのようにずっと両立されてるのは尊敬します。

  •     槙田紗子

    山崎 でも、私も自分でやってるとはいえ、ミュージシャンの方に演奏してもらったり、ミックスをしてもらったり、人の手がたくさん入ってくる瞬間はあるので、全部1人でやっている感覚はあまりないですね。
    槙田 なるほど。自分で元を作ったけど、色々な人たちが手を加えて変化したものを歌っているみたいな。
    山崎 そうですね。
    槙田 シンガーソングライターのお仕事って、曲を出すタイミングとかも全部ご自身で決めていらっしゃるんですか?
    山崎 そうですね。一応、話し合いはしますけど。
    槙田 今はちょっと他のことをしたいなってときは、期間が空いたりとかあるんですか?
    山崎 全然ありますね。この間出した曲も、1年半ぶりぐらいだったので、自由にやっています。
    山崎あおい"まっさら" (Official Music Video)
    槙田 いいですね。
    山崎 気楽ではあります。だからこそ、あまりたくさんの人を巻き込めないなと思って1人でやっています。会社とか巻き込んじゃうと、私のやる気のない時期に待たせるのが申し訳ないので。
    槙田 山崎さんは、作詞作曲以外にもブログや映像制作など、積極的に発信されてる印象があるのですが、その意欲はどこから来るのでしょうか?
    山崎 趣味みたいな感じです。物を作るのがすごく好きで、曲ばかり作って飽きたなっていう時期になると、突然動画編集にはまる時期がきたりします。
    槙田 私、山崎さんのYouTubeの動画シュールですごく好きです。編集のレベルがめちゃくちゃ高いですよね。
    山崎 ありがとうございます。友達に手伝ってもらったりもしています。
    槙田 最近、クリエイティブのお仕事をされてる方に会うたびに聞いてるんですけど、0から1を生み出すことと、時間の使い方のバランスって皆さんどうされてるんだろうってすごい気になっていて。私、締め切りが本当に辛いんです(笑)。
    山崎 振り付けてくださいって言われてから、どれぐらい時間を与えられるものなんですか?
    槙田 本当にそのときによって違うんですけど、前日まで歌割りが来ないときもあります。
    山崎 大変ですね。
    槙田 歌割りがないと振りって作れないんです、構成ありきなので。
    山崎 そうですよね。この子が歌うとき、前に来てほしいとか。

  •     槙田紗子

    槙田 そうです。昨日レコーディングして、今歌割りできました!明日、振り入れお願いします!っていう鬼のようなタイム感の時もあります。逆に、1〜2週間前に歌割りをもらえることもあるんですけど。
    山崎 それでも1〜2週間なんですね。
    槙田 そうです。
    山崎 想像がつかないです。あの複雑な動きを頭の中で考えるんですよね。
    槙田 そうです。
    山崎 それが1週間でできる気がしないですね。すごい。
    槙田 私はギリギリにならないとやらないタイプなので結局直前にやっちゃうんですけど、他の予定もあるじゃないですか。複数の仕事を両立している中で、何日までにあれを完成させなきゃいけないっていうのが頭のどこかにあると、それだけで頭がいっぱいになってしまうんです。頭の中のバランスを取るのが下手で、山崎さんは締め切りとどう戦われているんだろうって、すごく聞きたいです。
    山崎 音楽を作る人の中でも、アレンジャー、作詞家、作曲家って色々あると思うんですけど、私はアレンジまで自分でやることがなかなかなくて。アレンジャーさんだったら、作業机でパソコンと向き合って丸1日使ってやらなきゃいけないとかあると思うんですけど、作詞だけの仕事は、移動中とかにスマホでも出来ちゃったりするので、忙しくて締め切りが重なっているときの方が、ずっと頭が働いてて、移動中もぼーっとせずに働けるみたいな感じかもしれないです。
    槙田 すごい!!
    山崎 逆に、1カ月ぶりに歌詞を書くみたいなときは、どうやって作るんだっけ?っていうところから始まっちゃうので、何もできないです。作詞って何ですか?って。
    槙田 なるほど。それはちょっと分かるかもしれないです。歌詞って移動中にも浮かぶものなんですか?
    山崎 歩いてると出来たりします。だから、本当に出来ないときは深夜1時ぐらいに家を出て、ワンコーラス書けるまで復路に就かない散歩に出掛けたりします。3〜4キロ歩いて、よしできた。フルコーラスは復路で書こう。みたいなことをやったりします。
    槙田 それいいですね。
    山崎 それができるのがいいですね。歌詞だと。
    槙田 生み出す作業ってすごくしんどくなりませんか?
    山崎 しんどいほうが好きかもしれないです。

  •     槙田紗子

    槙田 なるほど!!
    山崎 どっち派ですか?しんどいの嫌いですか?
    槙田 どんどんしんどいのが嫌いになってきました。
    山崎 あー、、、それは人間としては正しいかもしれないですよね(笑)。
    槙田 そうなのかもしれないです(笑)。自分で聞くのも恥ずかしいんですが、『SACO PROJECT!』や私の第一印象を教えていただけますでしょうか。
    山崎 同い年の女性がアイドルをプロデュースするという時点で、すごく興味を持って、オーディションのサイトを見たときに、アイドル中のキャリアだけで終わらせないみたいなことを書いてらっしゃったのを見て、それな!って。
    槙田 えー!嬉しいです。
    山崎 自分も10代でデビューして、こうやって曲も書いてるし、アイドルとかプロデュースしてみたいなって思ったことがないわけじゃなかったんですけど、なんでできてなかったかっていうと、その子達の人生に責任持てないなとか、見本みたいな女性に私はなれないなと思ったからで。そこに同い年の人が飛び込んでいてかっこいいなって思ってオーディションを見ていました。
    槙田 ありがとうございます。山崎さんに楽曲書いてもらいたいけど絶対無理ですよね、、、ってスタッフさんに相談したら、言ってみなよ!って言われて、連絡させて頂きました。
    山崎 本当に嬉しかったです。
    槙田 私もです。プロデュースしてみたいって思われたことはあるんですね。
    山崎 そうですね。アイドルとかも好きなので、自分が思うような楽曲を書いて歌わせられるグループがあったら最高だろうなって思ったんですけど、そういう器はないなって最近思うので、こういう形で新規のアイドルグループに最初から関わることができるチャンスは、私にとってもすごいありがたくて嬉しかったです。
    槙田 そう言っていただけて本当に嬉しいです!では、最後になりますが、これからの野望を教えていただけますか?
    山崎 曲を作るための理想の作業場が欲しいですね。
    槙田 YouTubeでご自宅を拝見して、機材がいっぱいあって驚きました。
    山崎 使いこなせてない機材もあるんですけどね。
    槙田 確かに普通のおうちだと音量の問題とか結構大変ですよね。

  •     槙田紗子

    山崎 でも、今のお隣さんが多分ベーシストで。
    槙田 え!そうなんですか!
    山崎 お互いさまみたいな感じで最近はやっています(笑)。
    槙田 めっちゃいいですね!
    山崎 あ、向こうトラック完成したな、こっちは仮歌入れますけどみたいな(笑)。
    槙田 結構聞こえてますね(笑)。でも、色々言ってくるお隣さんじゃなくてよかったです。
    山崎 そうですね。何かありますか?野望みたいなの。
    槙田 私もスタジオ持ちたいっていうのあります。
    山崎 すごいスペース必要ですよね。
    槙田 はい。スタジオ経営して、いつか不労所得を得たいっていう。
    山崎 最高ですね。それかもしれない。野望は不労所得(笑)。
    槙田 それですね(笑)。
    山崎 でも、経営者思考になっていきますか?プロデュースとかやっていたら。
    槙田 全然です。私、今社会人1年目をやっている気持ちなんですよ。今まで人や社会と触れ合わずにここまできてしまったというか、タレントって一番社会と、、、
    山崎 浮世離れした。
    槙田 はい。周りがよしよししてくれて、明日のスケジュールも自分で入れなくても連絡きてとか。その後の振付師の仕事も、人と関わりたくないからやってるみたいなところがあって(笑)。
    山崎 意外ですね。
    槙田 本当ですか?最近、陽キャだと思われるんです。
    山崎 陽キャだと思ってました。
    槙田 全然そんなことないんですよ。
    山崎 よかったです(笑)。

  •     槙田紗子

    槙田 アイドルをやっていると、握手会でコミュ力が培われるんです。
    山崎 確かに!
    槙田 人と会うときのスイッチみたいなものが握手会を続けるうちに出来てきて、プロデューサーをやっていると、ハキハキ喋らなきゃいけないと思ってそのスイッチを入れています。スイッチオフしたら、もごもごしちゃいます、、
    山崎 それを聞けて安心しました(笑)。
    槙田 でも、あれですよね。山崎さんは、自分の楽曲もいろんな方が関わってらっしゃるから、コミュニケーションめちゃめちゃ取り合いますよね。
    山崎 超苦手です。本当に駄目ですね。
    槙田 そうなんですか。でも大変ですよね、自分のやりたいことも伝えなきゃいけなくて、周りの意見もくみ取らなきゃいけなくてって。人と一緒に仕事をするって本当に色んなことを考えなきゃいけないんだなって思います。
    山崎 本当にそうですね。シンガーソングライターとしてやってるときは、これが私の意見です!みたいな感じでいけるんですけど、そうじゃない場面になると途端に、私は何でも大丈夫です、、、みたいな感じになっちゃうんです。

  •     槙田紗子

    槙田 気持ちの面を曲にして発散することはありますか?言葉にするよりも曲にしちゃったほうが楽だなっていう。
    山崎 10代とか20歳前後の頃はありましたけど、最近はそれで発散しても伝わらないものは伝わらないなって思って。ちゃんと言わないといけないなって思います。
    槙田 すごい。大人です。
    山崎 いいのか分からないですけどね。
    槙田 いやぁ、今日はたくさん聞きたいことを聞けました。これからも山崎さんの音楽楽しみにしてます!ありがとうございました!
    山崎 ありがとうございました!