">     
 
    volume 27660
  •     【伊藤桃連載vol.26】遠出できなくても鉄道を満喫!関東近郊の鉄道カフェ3選
    【伊藤桃連載vol.26】遠出できなくても鉄道を満喫!関東近郊の鉄道カフェ3選
  •     伊藤桃

    まるで高級な食堂車にいるかのようなこの1枚。実はこれ、カフェなのです。
    コロナ禍の中、なかなか遠出ができない今日この頃。今回ご紹介するのは、“鉄分”(鉄道成分)がしっかり補充できて、その上おしゃれで美味しいカフェ、3店舗です。
    まずは1枚目の写真は、埼玉県の大宮にある、鉄道博物館2階にある『トレインレストラン日本食堂』。

  •     伊藤桃

    食堂車をテーマとした、スイーツだけではなくお食事も楽しめるフルサービスのレストランです。眼下には実際の線路もあり、行き交う電車を、まるで車窓から見るように楽しむことも出来ました。
    普段は豪華クルーズトレイン「トランスイート四季島」の立ち寄り地でもある山梨のワイナリーで製造された特製「日本食堂ボトルワイン」などのアルコールや、かつて走行していた寝台列車「北斗星」「カシオペア」の食堂車で実際に提供していたコース料理のメインディッシュなどもいただけるそうですが、緊急事態宣言下のため、メニューは縮小され、ノンアルコールのみでした。

  •     伊藤桃

    ならばと、今回いただいたのは、アイスクリーム。綺麗に盛り付けられた固めのアイスはさっぱり甘くておいしい! 珈琲とあわせていただきます。ちなみにこのお皿も、「北斗星」で実際に使われていたというこだわりっぷり。耳をすませばガタンゴトン…と、走行音が聞こえてくるようです。アイスは530円、セットドリンクは260円と、食堂車の高級な雰囲気をリーズナブルに楽しめるのも嬉しいポイントでした。

  •     伊藤桃

    がらりと変わってローカル線の雰囲気をたっぷり味わえるのは、千葉県にある小湊鉄道の起点、五井駅にある「こみなと待合室」。千葉駅からは内房線でわずか16分です。

  •     伊藤桃

    駅、そして小湊鉄道の車庫が目の前にあるため、行き交う列車や、ずらりと並ぶお休み中の列車を、外のベンチからがっつり堪能できるのがポイント。

  •     伊藤桃

    もちろん、お店の中からも眺められます。のんびりと流れる時間の中で、キハ200を眺めながら飲むコーヒー。 最高です。

  •     伊藤桃

    明るく、誰でも入りやすいカジュアルな雰囲気がこのカフェの魅力のひとつ。カフェ利用がなくても、待合室として誰でも利用できるそう。全席にコンセントが付いており、wi-fiも完備しているため、PCをもってお仕事をしている方も多くみられました。気動車を見ながらのお仕事なんて、羨ましいばかりです。無料ロッカーがついていたり、バスの電光掲示板もあったりと、旅のポイントとしても便利です。さらに、店内では小湊鉄道グッズの販売や、鉄道雑誌も置かれていました。

  •     伊藤桃

    今回注文したのは、目玉焼きとベーコンが挟まれたクロワッサンサンド、ポテト、そしてオリジナルブレンドの「ライトコーヒーキハ211」。

  •     伊藤桃

    ほくほくのヘルシーなポテトとパシャリ。一つ一つが丁寧で、手作りの味が美味しい。他にも軽食メニューを中心に、ワッフルやドーナツなどのスイーツもあります。なによりも、居心地がよくて、思わず珈琲をおかわりしてのんびりしちゃいました。。

  •     伊藤桃

    最後にご紹介するのは、これまたガラリと雰囲気が変わって、都心のおしゃれなカフェの佇まいの「ロマンスカーミュージアム クラブハウス」。
    海老名駅から徒歩30秒という近さで、忙しなく行き交うロマンスカーや電車を眺めながらくつろげます。こちらは以前ご紹介した「ロマンスカーミュージアム」に併設しているのですが、このカフェだけの利用もできるのも嬉しいポイント。ロマンスカーを愛する人や街の人々が集うクラブハウスをイメージしたそう。

  •     伊藤桃

    こうしたロマンスカーや小田急の歴史を学べる写真や記事が飾られていたり

  •     伊藤桃

    随所に小田急豆知識がちりばめられていたりと、“鉄分”もしっかり補給できます。 もちろん、肝心のお食事も見どころたくさん。

  •     伊藤桃

    かつて、ロマンスカーには『走る喫茶室』と呼ばれるシートサービスがありました。提供は森永エンゼルと、日東紅茶。その日東紅茶の人気メニュー「クールケーキ」を再現したのがこちら。ひんやりとしたロールケーキに、さっぱりしたフルーツが美味しい。そこにほっと温かい紅茶(もちろん日東紅茶です)をあわせて…。ほっこり。昔はこんな上品な時間を、ロマンスカーですごせていたのですね。

  •     伊藤桃

    人気ナンバーワンは、歴代ロマンスカーから選べるラテアートの「飲める車両図鑑」というメニューだそう。とてもユニークです。

  •     伊藤桃

    お食事も本格派です。もちもちと柔らかい手作りソーセージと、かりっとした上品な甘みのパンがたまらないロマンスカードッグ。こちらにポテトとサラダ、デザートとドリンクがついたクラブハウスランチセットもお昼時にお勧めです。

  •     伊藤桃

    鉄道ファンでもそうじゃなくとも、楽しめるカフェ3選。旅に想いを馳せながら、のんびり過ごしてみてはいかがでしょうか。

INFORMATION

PLACE

備考:

2021年9月30日掲載

トレインレストラン日本食堂
https://www.railway-museum.jp/institution/

こみなと待合室
https://kominatomachiai.com/

ロマンスカーミュージアム クラブハウス
https://www.odakyu.jp/romancecarmuseum/clubhouse/