">     
 
    volume 27619
  •     日本初のゴディバカフェが東京駅に誕生! カカオニブを使ったシチュー!?
    日本初のゴディバカフェが東京駅に誕生! カカオニブを使ったシチュー!?
    「ゴディバ カフェ トーキョー(GODIVA cafe Tokyo)」
  •     秋山悠紀

    ベルギーのチョコレートメーカー「ゴディバ」。日本でも「チョコ=ゴディバ」というほど、バレンタインやギフト選びの際にゴディバのチョコを購入する人は多いですよね。そんなゴディバの日本初となるカフェが11月下旬に東京駅にオープン。チョコ以外にもメニューが充実しているとのことで、早速行ってみました!

  •     秋山悠紀

    「ゴディバ カフェ トーキョー(GODIVA cafe Tokyo)」は東京駅八重洲中央口のグランルーフ内にオープンしました。店内は広々として洗練された雰囲気。

  •     秋山悠紀

    一人で訪れたらぜひ座ってほしいのが、デンマークの家具会社「フリッツ・ハンセン」のソファ。飛行機のファーストクラスのような座り心地でカフェタイムを味わえます。

  •     秋山悠紀

    ゴディバカフェトーキョーでは、ゴディバおなじみのチョコレートドリンク「ショコリキサー」のほか、オリジナルブレンドコーヒー、カカオドリンク、ゴディバリキュールを使ったカクテル、さらにはサラダやスープ、クロワッサンとワッフルを合わせたクロッフルなどのフードメニューも充実しています。

  •     秋山悠紀

    フード類はクリアなジャーやプラスチック容器に入って提供されます。プルーンとカマンベールのバルサミコカカオニブサラダやフレッシュハーブのカポナータソース冷製パスタ、アジアンチキンとサラダの蕎麦ヌードルなど他ではなかなか食べられないラインナップになっています。

  •     秋山悠紀

    こちらは、深いコクが楽しめるビーフと根菜のカカオシチューと、コーヒーのクオリティとチョコレートとの相性にこだわったゴディバオリジナルブレンドコーヒー。コーヒーやエスプレッソにはゴディバのチョコレートがついてきました。これは嬉しい。

  •     秋山悠紀

    カカオシチューはチョコレートが入っている甘いシチューなのではなく、カカオニブを使用したコクシチューです。カカオニブはカカオ豆をローストして細かく砕いたもの。チョコレートにするためにはカカオニブを液状にして砂糖を加えて固めるわけですが、カカオニブはカカオ100%の深いコクがあるスーパーフードです。ゴディバカフェにくると、チョコやカカオについても詳しくなれます。

  •     秋山悠紀

    クロワッサンをワッフル状にしたクロッフルは、ベーコンジャーマンポテトやチョコレートクロッフルなどの種類があります。ハムとチーズのクロッフルムッシュを食べてみましたが、クロワッサン生地サクサク食感とバターの甘みがたまらない! 4個や8個などのセットでテイクアウトもできるので、東京駅に寄った手土産にもよさそうです。

  •     秋山悠紀

    そしてチョコ好きなら絶対に食べてほしいのがこのムースショコラです。ゴディバカフェ限定のスペシャルスイーツで、店内飲食のみで味わうことが可能。世界に5人しかいないというゴディバのエグゼクティブ・シェフ・パティシエ・ショコラティエのヤニック・シュヴォロー氏が手掛けています。

  •     秋山悠紀

    ふんわりとしてやわらかいムース食感に、まったりとして濃厚なチョコレートのコク! 上質なチョコレートを一口ずつ味わう贅沢感が、ものすごくゴディバの真骨頂を感じさせます。甘さが結構強いので、甘さ控えめなコーヒーやエスプレッソなどと一緒に味わうのがおすすめです。

  •     秋山悠紀

    専用の機械を使って作られるカカオドリンクは、カカオエスプレッソやカカオミルク、チョコレートアールグレイ、カカオソーダなどバラエティ豊かなメニュー展開。いくつかのドリンクはエクストラダーク、ダークチョコ、ミルクチョコと甘さを3段階から選ぶことができます。いろいろと飲んでみて、自分だけの好きなカカオドリンクを見つけるのも楽しいですよ。

  •     秋山悠紀

    ランチタイムでもカフェタイムでも、上質な時間が過ごせるゴディバカフェトーキョー。筆者は濃厚なカカオカフェラテに感動しました。グランルーフは東京駅の中直結ではありませんが、新幹線に乗る際には少し時間に余裕を持って立ち寄ってみる価値アリですよ。