">     
 
    volume 27566
  •     【連載】都内の境界線ってドコ!?vol.1〜墨田区〜
    【連載】都内の境界線ってドコ!?vol.1〜墨田区〜
    東京都墨田区
  •     Tatsuya Otsuka

    連載企画「都内の境界線ってドコ!?」。
    今回は、東京都23区の面積ランキング17位、墨田区の境界線(約21km)を紹介します。

    13:30「JR総武線」や「東京メトロ半蔵門線」が通る錦糸町駅から、墨田区の境界線を紹介していきたいと思います。

  •     Tatsuya Otsuka

    江東区側にある西濃運輸の車両基地です。これだけの車両数が並ぶ様を見られる貴重な場所です。

  •     Tatsuya Otsuka

    左手は江東区の「あそか病院」、右手は墨田区の「西濃運輸」で、この画像は区の境界線上から撮影しました。「あそか」とは仏教三大聖樹の一である無憂樹(サンスクリット語でアソカ)が由来のようです。

  •     Tatsuya Otsuka

    1965年の河川法改正で「大島川」から改称された、東京都墨田区と江東区を流れる運河「大横川(おおよこがわ)」の側道です。晴天の日は、日光を浴びながら歩けます。

  •     Tatsuya Otsuka

    墨田区南部から大横川越しに臨む東京スカイツリーです。右手に見えるのは、今まで歩いてきた側道です。

  •     Tatsuya Otsuka

    墨田区南部は、江東区との境界線がジグザグに設定されているので、逐一、地図を確認しながら進みました。境界線上にある菊一児童遊園の手前で右折すると、住宅街に入ります。区の境界線に極力近付くために、左手の道を行きます。

  •     Tatsuya Otsuka

    晴天の下、ランニングをしたり、楽器の練習をしたり、恋人と過ごしたり、思い思いの時間を過ごす人々とすれ違いながら、台東区と墨田区を隔てる隅田川の側道を進みます。墨田区西部は、境界線が分かりやすい反面、ここから長時間、直線が続きます。

  •     Tatsuya Otsuka

    1927年(昭和2年)に竣工した隅田川にかかる駒形橋(こまがたばし)を背にして、墨田区西部から臨む東京スカイツリーです。

  •     Tatsuya Otsuka

    有名な金色オブジェが設置された、アサヒグループの本社ビルです。吾妻橋を渡り浅草側から見るのがお勧めです。

  •     Tatsuya Otsuka

    「竹町の渡し」と呼ばれた渡し舟があった場所であり、江戸時代の1774年(安永3年)10月17日に創架された吾妻橋(あづまばし)です。浅草寺雷門に最も近い橋なので、歩行者で混雑していることが多いです。

  •     Tatsuya Otsuka

    1823年に江戸本所亀沢町(現在の墨田区両国)にて生まれ、山岡鉄舟や高橋泥舟と共に「幕末の三舟」と呼ばれた勝海舟の像です。墨田区役所を目印にして隅田川沿いを進むと到着します。

  •     Tatsuya Otsuka

    枕橋(まくらはし) の向こうに見えるのは、(浅草側から見て隅田川の向こう側にある島という意味で名付けられた)向島です。この橋を渡れば右手に墨田公園が見えてきます。

  •     Tatsuya Otsuka

    15:00墨田区北部、足立区と墨田区を繋ぐ綾瀬橋に到着しました。橋の上には首都高速6号が架かっているので、雨の日は雨宿りに良いかなと思います。ここまで時速キロ前後で歩いてきたのですが、浅草で1時間ほど寄り道をしたので、此処からペースアップしていきます。

  •     Tatsuya Otsuka

    墨田区東部に位置する旧中川。足がつきそうな深さの川には、優雅に漂う多数の真鴨がいて、歩道には親子や夫婦の歩く姿が見えます。

  •     Tatsuya Otsuka

    江東区と墨田区を繋ぐ丸八通りの下を、境界線に沿って進みました。墨田区の境界線は、南部・北部・東部が、川で区切られているため、徒歩ルートとしては初心者向きです。但し、サイレントで背後から忍び寄る自転車が多いので、怪我をしないように背後注意です。

  •     Tatsuya Otsuka

    東部亀戸線の踏切です。川沿いを暫く真っすぐ進みます。

  •     Tatsuya Otsuka

    墨田区東部から臨む東京スカイツリーです。左手に見えるのは、江戸時代初期に開削された運河である北十間川です。日が落ちてきて視界が悪くなて来たので、自転車が多い歩道を避けて川沿いの通路に出ました。利用者が少ないのでペースアップすると、空中に飛び交う大量の小虫が顔にぶつかってきて、利用者が少ない理由を、身をもって理解しました。

  •     Tatsuya Otsuka

    亀戸で生まれ、吾嬬町の町会議員や東京府議会第2代議長を務めた政治家である大沢梅次郎の像です。この像を過ぎたら、もうそろそろ橋を渡ります。

  •     Tatsuya Otsuka

    墨田区西部の駒形橋や吾妻橋に続く、北十間川沿いの浅草通りです。東京スカイツリーには、明かりが点り、白色や青色に街を彩っています。区の境界線近くを進む便宜上、江東区側を進んでいます。

  •     Tatsuya Otsuka

    北十間川に続き、墨田区と江東区を隔てる横十間川沿いも江東区側を進みます。この川沿いに進んで橋を渡ればスタート地点の錦糸町駅はもう直ぐです。

  •     Tatsuya Otsuka

    馬車通りにある旅所橋(たびしょはし)です。江東区側は平仮名表記・墨田区側は漢字表記となっています。ここを渡ると江東区から墨田区に戻れます。

  •     Tatsuya Otsuka

    日本で初めて精神科救急医療事業(ER)を開始した都立墨東病院(とうきょうとりつぼくとうびょういん)です。ここから首都高速7号沿いを進み、四ツ目通りを右折して、19:40錦糸町駅に到着しました。今回の所要時間は、約6時間10分(休憩1時間)でした。気になる場所があれば、是非訪れてみて下さい。