">     
 
    volume 23309
  •     箱庭で天地創造!?子どもから大人まで楽しめるAR砂場「iSandBOX」の魅力
    箱庭で天地創造!?子どもから大人まで楽しめるAR砂場「iSandBOX」の魅力
    デジタル・ガーデン
  •     池内

    皆さんこんにちは。本日は東京都渋谷区、株式会社デジタル・ガーデン様のオフィス内よりお送り致します。この度ロシアにあるUniversal Terminal Systems社から輸入ホヤホヤの、とあるAR機器を紹介したいと思います。

  •     池内

    「iSandBOX Mini」です!ミニなのにでかい!全長2.15m・総重量240kgという圧倒的存在感……!!大きさの比較の為に、社員様のご協力を頂きました!AR(拡張現実)は実際の風景に映像を重ねて映し出す技術ですが、この製品はなんと実際の砂場に物理演算を用いたプロジェクションマッピングすることが出来るAR砂場です!高低差があって、砂という流動的に動くものに投影出来るなんて凄い……!

  •     池内

    こちらのプロジェクターから投影します。上部には深度センサーがついており、砂の表面までの距離を計算しています。それを装置内部にあるPCが計算、そして砂の高低差に基づいた映像が投影される仕組みです。さらっとした説明をしましたが、凄すぎませんか?砂の高さを常に計算してるんです。ちなみに小さいお子さんなら6人同時に遊べます。 6人が同時に動いてもリアルタイムに映像に反映出来るんですよ……!

  •     池内

    メニュー画面です。シンプルで分かりやすく、様々なモードで遊ぶことが出来ます。なんと20種類以上ものモードが搭載されています。じっくり観察したりゲームで遊んだり多岐に渡るので、多くの方に楽しめるように設計されています。説明を聞いてるだけでワクワクが爆発しそうなので実際に触ります!

  •     池内

    「何で遊ぼうかな……」とモードを眺めてニヤついている僕です。大人になってから砂を触る機会なんてそうそうないので、童心に返って全力で楽しむことにします。ヒャッハー!!遊ぶぞー!!

  •     池内

    子どもの頃は絵を描くのが好きでした。あと砂を水で固めてめちゃめちゃ綺麗な泥団子作って並べて鑑賞するのも。iSandBOXを国内で最初に導入したのは、バイリンガル幼児園「キッズデュオ インターナショナル センター南」とのこと。まさか子どもたちで天地創造出来る時代がくるなんて……!ということで、はい、湖が出来ました。掘ると水が湧きます。ちなみに音声は砂場下にある2.1ch スピーカーから出ています。下から発せられるので立体感があるサウンドを体感できますよ。

  •     池内

    見て下さい!生き物が!生まれた!!自分が作成した地形から草木が生成され、草食動物が生まれ、肉食動物が生まれ……命の連鎖を短い時間で鑑賞することが出来ます。そして生き物たちはそれぞれ独自に動き、地形に沿って移動します。暮らしやすい土地を作ってやるからな……。

  •     池内

    高低差を感知する機能は砂にだけ使用されるわけではありません。人の手も感知できるので、水を上からなぞると波紋が浮かびます。こちらの写真では、化石を発掘したあと手をかざし、何の恐竜か調べています。

  •     池内

    現在開発中のモード「ガーデニング」も遊ばせて頂きました!こうやって、砂をね、掘って……いい感じに土を耕して……。

  •     池内

    そしてここに果物を植えます!定期的にお水をやらないと枯れてしまうので、夢中であげました。まさしく「拡張された現実」によって、様々な事象を学ぶことが可能なのです。近未来かと思いきや、もう現実の話なんですよねこれって……ここまで来てたんだ技術の進化って……!

  •     池内

    子ども達はすぐにこの装置に慣れましたか?と担当者様に質問したところ、「すぐに操作を覚えて、独自の遊び方を見つけていたのでビックリしました!」とのこと。再現してもらったのですが、投影されたカモメを掬い上げた砂に写し「カモメを手のひらに乗せられた!」と喜んでいたのだそう。発想力が無限大じゃん、すっごぉ……!一方僕の方はですね……

  •     池内

    ドラゴンに砂をかけてひたすら退治してました。ちなみにこれで実際に撃退出来ます、スーパー技術力!ちなみにこうした3Dモデルはカスタマイズも可能とのことで、オリジナルのキャラクターを砂場に登場させ遊ばせることも出来ます!オリジナルモードの問い合わせは非常に多く、ご要望もお客様によって様々なのだとか。夢が広がりますね!

  •     池内

    砂も特殊なものではない為、投影されやすい白の砂なら好きに遊んでくださいねとのこと。水で固めて高山を作ったり、ミニチュアを置いて町を作ったり楽しみ方も自由自在です。iSandBOXは名古屋の介護施設「住宅型有料老人ホーム結の樹天白」にも導入されました。四季の移ろいを鑑賞するモードもあるので、子どもからお年寄りまで多くの方が楽しめる、夢の機械です!

  •     池内

    2019年2月27日~3月1日に、幕張メッセで行われたイベント総合EXPOでiSandBOX Miniは展示されました。今後はイベントや一般の方々に触って頂ける場に登場していきたいとのことです。教育・介護・エンタメ・心理療法等、可能性は多種多様。様々な企業様からのオファーをお待ちしておりますとのことなので、是非この機会にコンタクトを取られてみてはいかがでしょうか……!

  •     池内

    僕の感想を絵にしてみました!

INFORMATION

PLACEデジタル・ガーデン

デジタル・ガーデン
住所: 東京都渋谷区広尾5-6-6 広尾プラザ 7F(iSandBOX Small 常設展示)
定休日: 土日祝日
TEL: 03-5791-5885
HP: http://www.dgi.co.jp/isandbox
備考:

iSsandBOX専用の問い合わせはこちらからお願いします。
http://www.dgi.co.jp/2014wp/contact_isandbox
2019年4月4日掲載

PERSON池内

池内
iSandBOXご担当者の藤原様は、こちらの製品を知って社長へ猛プッシュ。ご自身がシステムエンジニアの為、なんと一人でプロジェクトを立ち上げ、ソフト・ハードウェアの仕様変更や翻訳、デモや導入・設置・サポート等を行っているのだとか......!熱量、強く強く感じました!取材のご協力誠に感謝です!!