">     
 
    volume 22454
  •     自分も作品の中に入り込める! 彫刻の森美術館の作品がライトアップする「箱根ナイトミュージアム」が開催
    自分も作品の中に入り込める! 彫刻の森美術館の作品がライトアップする「箱根ナイトミュージアム」が開催
    箱根ナイトミュージアム
  •     秋山悠紀

    冬と言えば、街を彩るイルミネーション! クリスマスツリーや建物のライトアップなど、様々なイルミネーションがありますよね。そんな中、箱根彫刻の森美術館では、展示している彫刻作品をライトアップするというイベントを開催。しかも参加型! これは一体どういうことなのでしょうか。ということで、はるばるきたぜ、箱根へ~!

  •     秋山悠紀

    箱根彫刻の森美術館と言えば、四季折々の自然が楽しめる広大な箱根の地に、1969年に開館した、日本で初めての野外美術館。緑豊かな庭園には、近代や現代の名だたる彫刻作品がズラリと並んでいます。

  •     秋山悠紀

    雄大な山々をバックに、ドドーンとたたずむ彫刻作品たち。これは、アントワーヌ・ブールデルの作品群。かっこいい~。箱根のキレイな空気と相まって、アートを全身で感じられる贅沢な時間が過ごせますよね。

  •     秋山悠紀

    「箱根ナイトミュージアム」は昨年も開催され、好評を博したイベント。照明や映像、光を使った作品を多く手掛けるアーティストの高橋匡太さんがプロデュースしています。まずは受け付けで、提灯をもらいます。今回のライトアップは、この提灯が大きなポイント。

  •     秋山悠紀

    入場者は、1人1つこの提灯を持って、屋外展示場を巡っていきます。ワクワクする~。

  •     秋山悠紀

    展示場を奥へと進んでいくと、さきほどの作品がライトアップされています、光に照らされた先ほどのアントワーヌ・ブールデルの作品群が、めちゃめちゃかっこいいことになっています! 

  •     秋山悠紀

    岡本太郎の「樹人」もこの通り。物体として大きな存在感を醸し出している彫刻が、光に照らされることによって、さらに大きなエネルギーを放っているのがわかります。彫刻とライトアップがこんなに相性が良かったとは! 

  •     秋山悠紀

    このライトアップがさまざまな色に変化していくのですが、提灯を持ちながら見ていると…。

  •     秋山悠紀

    なんと、彫刻と同時に提灯も変化しました! 彫刻にライトアップされた光の色に、提灯が呼応して同じ色に呼応するという仕組み。この提灯は、無線で色をコントロールするLEDが入っているそうです。

  •     秋山悠紀

    めちゃめちゃ幻想的です! まぼろし~! いや、げんじつ~!!

  •     秋山悠紀

    持っている提灯も、作品の1つになっているので、来場者みんなで大きなライトアップ作品を作り上げていくような感覚が味わえます。

  •     秋山悠紀

    展示場を見渡せるスポットに来てみました。大きな彫刻作品と来場者が持っている提灯、それぞれの光が変化していく様子が面白い! 周りが真っ暗になるからこそ完成するこの景色は、東京では決して見ることのできない絶景です。

  •     秋山悠紀

    暗がりの中に浮かぶリアルな顔に、思わず「うわっ!」とビックリしてしまいました…。

  •     秋山悠紀

    ライトアップされているのは、全部で38作品。寒さも忘れて、幻想的な光の空間に没頭してしまいます。

  •     秋山悠紀

    ライトアップは16時45分から18時まで。早めに行って昼間の時の作品をしっかり見ておくと、ライトアップされた時とで比較ができて、感動が倍増しますよ! 皆さんも是非、お気に入りの作品を見つけてください。

INFORMATION

PLACE箱根ナイトミュージアム

箱根ナイトミュージアム
住所: 神奈川県足柄下郡箱根町ニノ平1121
開催日: 2018年12月1日(土)~2019年1月6日(日)
営業時間: 9時~17時(入館は閉館の30分前まで)
定休日: 年中無休
TEL: 0460ー82ー1161
HP: http://www.hakone-oam.or.jp/specials/2018/nightmuseum/
備考:

ライトアップ時間:16時45分〜18時00分 (室内展示場と緑陰広場は17時閉館。入館は17時30分まで)
ライトアップ場所:彫刻の森美術館 円形広場、本館エリア屋外展示場

ライトアップ入館料あり。詳しくはHPにて。

2018年12月27日掲載

PERSON秋山悠紀

秋山悠紀
プレシャスな時間だった