">     
 
    volume 22075
  •     世界を旅した気分にもなれる?成田駅前のドミトリーに籠ってみた!
    世界を旅した気分にもなれる?成田駅前のドミトリーに籠ってみた!
    CARAVAN HUB
  •     鼻毛の森

    ハロー、鼻毛の森です。「理想論撲滅」をテーマに掲げるJ-POPソングライターです。
    海外進出しようと「成田空港」まで出向いたみたら、パスポートを(そもそも)取得していなくて愉快な鼻毛さん。
    そして、みんなの笑顔を潜り抜け、逃げるように辿り着いたのは千葉県成田市のもう一つの玄関口「成田駅」。
    「世界へ飛べなくても、世界は感じたい」…そんな願いをこじらせた鼻毛さんは『CARAVAN HUB』と名乗る旅の宿を訪れたのです。

  •     鼻毛の森

    「成田空港」から電車で8分の成田駅…その西口すぐそばにある『CARAVAN HUB』は、2018年春にオープンしたばかりの「ドミトリー」タイプの宿です。カジュアルなリビングスペースが宿泊者が共有する交流の場で、壁一面には世界地図と日本地図が描かれています。旅の疲れを癒すためでしょう…「人をだめにするクッション』も設置されています(笑)一泊3,500円からというお気軽価格も“ジャパニーズおもてなし”ですね!

  •     鼻毛の森

    さて、このいかにもコミュニケーション能力が高そうな青年が、『CARAVAN HUB』のマネージャー・金城さんです。
    「世界中から集まる海外ゲストと、成田から世界へ旅立つナリタ二スト(※成田空港愛好家)の両者のHUB(ハブ)になりたいという願い」を込めて生まれた宿なんですって。「日本的な観光資源がたくさんある成田市をスルーしないで!」との本音もチラリ。

  •     鼻毛の森

    壁面の地図には、宿泊者自らが出身地の位置に写真(チェキ)を貼り、足跡を残していきます。
    なお、世界地図に張られた宿泊者ついてには、金城マネージャーが個人で海外旅行する際、現地でお世話になったりもしているそうです。
    個人情報は世界を超える!(※もちろんお互いの了承のもとです)

  •     鼻毛の森

    プライベートスペースは、主にカプセル型ベッドの中になります。
    男女共用ドミトリーと女子専用ドミトリーがあり、女子なら選べます!
    ベッドの入り口には、成田国際空港から出航している各国の都市名が記された表札が貼られていて、プチ旅気分を演出!

  •     鼻毛の森

    中に入ると、一般的なカプセルホテルのような狭小なベッドではなく…(ワールド)ワイド仕様!
    シングルベッドぐらいのゆとりの幅と奥行きは、座高90センチ(高校時代は学年2位)の僕が余裕で背中を伸ばせる空間です。
    ハンガー掛けやライト、コンセント、ミニテーブルもあって、かなりゆったりくつろげます。なんなら、住めます。

  •     鼻毛の森

    ちなみに、トイレもひとまわりワイドなスペースでした。
    デザインも先進的で、ベッドの中と合わせて、ジャミロクワイ氏のようなミュージックビデオが撮れるのではないだろうかと妄想しております。

  •     鼻毛の森

    さあ、楽しい妄想を済ませたら、シャワーを浴びてリアル睡眠に突入!
    ほどよい硬さのマットレスとふかふかの枕や掛布団…部屋の名前となる「HANOI」のように心は常夏です。
    ああ、幸せってこんなところにあったんですね。

  •     鼻毛の森

    翌朝、早い時間に目が覚めてリビングに行くと、金城マネージャーの姿は(シフトの関係で)すでにありませんでした。
    でも…僕は見ていたのです。彼が夜中、宿泊客の笑顔を思い浮かべながら朝食の下準備をしていた姿を。
    もう、金城さん…あなたは僕にとって、成田のお母さんです!(謎)

  •     鼻毛の森

    『CARAVAN HUB』には、カプセルタイプだけでなく個室も用意されていました。シングルベッド2台とセミダブルサイズのソファベッド1台があるので、恋人との旅行はもちろん、三角関係まで幅広くシェアできます。ただし、人間関係のもつれに関しては自己責任でよろしくお願いいたします。

  •     鼻毛の森

    いやあ、トータルで最高でした!『CARAVAN HUB』! プライベートは程よく守りつつ、日本に興味津々の外国人宿泊客がすれ違いざまも気さくに声をかけてくれる環境は、基本人見知りな僕をナチュラルに(明るい人間に)勘違いさせてくれそう!ただ、これは『CARAVAN HUB』が生み出す心地よい空気感によるものでしょうし、「真にうけないで」と言い聞かせ、チャラ男にならないように自身を戒めます!…っとそんなメッセージを込めた曲が鼻毛さんの最新アルバム『お蔵の音楽』に収録されていましたね!偶然!皆さん、買って聞いたらいいですよ!

INFORMATION

PLACECARAVAN HUB

CARAVAN HUB
住所: 千葉県成田市馬橋1-18 ウエルストン2階
営業時間: 15:00~翌10:00(チェックインは23:00まで)
定休日: 無休
TEL: 047-633-3112
HP: https://caravannrt.com/
備考:

2018年11月20日掲載

PERSON鼻毛の森

鼻毛の森
「残念な現実」を歌詞に綴った"アウトレットJ-POP"を世に送る「脱理想論」特化型シンガーソングライター。
「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「だから言ったのに」..."現実的過ぎる"表題・歌詞に"王道すぎる"メロディ・サウンドを重ねた意図的な違和感が秀逸と話題に。
CX「アウト×デラックス」などあらゆるメディアを通じて「プチ炎上」による拡散を続ける傍ら、業界内で高く評価される「言葉の妙」を活かし、ラジオパーソナリティ、司会者、コラムニスト、フリーライターとしても活躍中。
北陸新幹線開業で潤う石川県金沢市在住だが、その恩恵は直接受けていない。