">     
 
    volume 21345
  •     パティ6枚入りのデブ活バーガー! ついに日本に上陸した
    パティ6枚入りのデブ活バーガー! ついに日本に上陸した"ファットバーガー"とは
    FATBURGER
  •     秋山悠紀

    ヘルシー志向の逆を行くハンバーガーをご存知でしょうか? その名もズバリ「ファットバーガー(FATBURGER)」。ロサンゼルス発で世界的に展開しているハンバーガーレストランで、地元アメリカでは大人気なんだとか。そんなファットバーガーが先日、日本にも上陸しました! 

  •     秋山悠紀

    今年の春にファットバーガーがオープンしたのは、渋谷にある109メンズフロアの一部をリニューアルしてできたMAGNETbySHIBUYA109。地元の味を求めに来ている人が多いのでしょうか、店内には欧米人が多く来店していました。これは本格的なアメリカの味が期待できそう!

  •     秋山悠紀

    こちらがメニュー。左側のハンバーガーの欄をご覧ください。スタンダードな「オリジナルバーガー」(680円)や「チーズバーガー」(780円)などいたって普通そうに見えますが、その下にあるのはなんと「USキングバーガー」(2560円)! 破格の高さ! これがファットバーガーの目玉のハンバーガーです。

  •     秋山悠紀

    ということでUSキングバーガーを頼んでみました。バンズの中にはなんとぎっしりと1枚100グラムを超えるパティが6枚も入っている、超ド級のバーガーです。

  •     秋山悠紀

    左がオリジナルバーガー、右がUSキングバーガーです。高さは3倍近くあるでしょうか。そしてレタスなどの野菜類もオリジナルバーガーよりもたくさん入っています。

  •     秋山悠紀

    一気に頬張ろうとチャレンジしましたが、顎が外れる寸前でした。このように、備え付けのナイフとフォークで切りながら食べることを断固おすすめします。

  •     秋山悠紀

    これが1枚のパティ。一口食べてみると、おや! 見た目に違わず意外とあっさりとしています。それもそのはず、ファットバーガーのパティは高品質な牛肉の赤身のみ、調理にはコレステロールゼロの油を使用しているんだとか。油でギトギトなのかと思いきや、塩糊料でシンプルに味付けされた牛肉の本来の美味しさが味わえます。

  •     秋山悠紀

    さらに「ファットバーガー(FATBURGER)」の「FAT」は、単に「太っている」という意味ではなく、「Fresh=新鮮」「Authentic=本物」「Tasty=美味しい」の頭文字をとったものなんだとか。見た目のスゴすぎるインパクトとは裏腹に、意外にも王道なグルメバーガーなんです。

  •     秋山悠紀

    ハンバーガー自体の味付けもレリッシュとマスタードのみなので、しつこくありません。またレタス、トマト、玉ねぎ、ピクルスなどの野菜もたっぷりなので、女性でもハンバーガー好きな方は胃もたれすることなく食べられちゃいます。

  •     秋山悠紀

    ナイフとフォークでせっせとお肉を3枚くらい食べたら…

  •     秋山悠紀

    高さが半分くらいになるので一気にガブリといっちゃいましょう♪食べ始めから約40分をかけて、なんとかUSキングバーガーを食べ終わった筆者。食後はさぞ気持ち悪くなったかと思いきや、胃もたれもせず、完食できた達成感に包まれていました。やっぱりちゃんと良い食材を使ってる…!

  •     秋山悠紀

    ちなみにこちらがオリジナルバーガーのポテトセット。オリジナルバーガーでも満足度は高いので、胃に自信がない人はこちらをチョイスしましょう。またポテトは太い「ファットポテト」と細い「スキニーポテト」の2種類から選ぶことができます。おすすめは断然、ファットポテト! 芋のホクホク感がすごく美味しかった…。

  •     秋山悠紀

    カウンターには、押せばケチャップが出てくる装置がありました。これでポテトにハインツのケチャップかけ放題♪

  •     秋山悠紀

    ちなみにUSキングバーガーを完食すると店内に記念写真を飾ってもらえます。勇者の証として是非、写真を飾ってもらいましょう!

  •     秋山悠紀

    アメリカンな雰囲気の店内で食べる、超ど級のUSキングバーガーは格別です。皆さんも是非、一度はファットバーガーを体験してみてください。