">     
 
    volume 20941
  •     八木アリサ「素の私で楽しんでます(笑)」 おすすめ夏ドライブ、インスタ映え...女子トーク満載座談会
    八木アリサ「素の私で楽しんでます(笑)」 おすすめ夏ドライブ、インスタ映え...女子トーク満載座談会
  •     ドライブ弥太郎

    ファッション誌「ViVi」の専属モデルを務める八木アリサさん(中央)。このたび、トヨタ「Vitz 特別仕様車Amie」の発売に伴い、ファッション誌「ViVi」とコラボしたインスタアカウントが開設され、メインキャラクターに抜擢されました。これを記念して7月某日、八木さん、ViViの出版元・講談社の木村冴里さん(右)、同企画のクリエイティブディレクター河村知里さん(左)による座談会が行われたので、その様子をレポートします。まず最初のお題は「ドライブ」です。

  •     ドライブ弥太郎

    木村:地元が兵庫県の田舎のほうなので、車は「一人一台」が当たり前で生活に欠かせないんですけど、小さい頃は毎年親がキャンプに連れて行ってくれて。車でフェリーに乗って北海道に行ったりだとか。それが一番のドライブの思い出ですね。
    八木:私は北海道から出てきて都内で免許を取ったんですけど、広い道路で運転したくて、お父さんと長野で果物狩りに行く道で初めて運転しました。

  •     ドライブ弥太郎

    ■夏のドライブは?

    八木:夏のドライブといえばやっぱり海に行きたいですよね! ドライブの定番だけど、海沿いドライブがしたいです。
    木村:「ヒリゾ浜」って場所知ってます? すごい海が綺麗で、伊豆にあるんですけど。あと私は、この夏もキャンプに行く予定です! キャンプが大好きで。犬連れて、テント積んで。行きたいところがあるんですよね、山口県なんだけど、橋が綺麗なところ。何だっけ、島に架かる橋……?
    河村:(スマホで検索して)角島!
    木村:あ、そうそう角島! すごい綺麗だから行きたくて。
    八木:ほんとだすごい綺麗~。

  •     ドライブ弥太郎

    木村:あと、石川に唯一、車で砂浜を走れるところがあって。(スマホで)これこれ。
    河村:めっちゃ綺麗!
    八木:綺麗~!
    木村:石川の「千里浜なぎさドライブウェイ」。そこにも行きたいなと思って。
    八木:ほんと、外国みたい!私、今年はダイビングもしてみたい! スカイダイビングはハワイでしたんですよ。そこからアクティブマインドが「ボッ」てなって。なので今年は海に潜りたいんです。だからやっぱり海行きたい。海のことは全然わかんないけど、でも近くからでいいんで、ちょっとチャポンだけでもしてみたい!

  •     ドライブ弥太郎

    ■インスタ映えを狙うなら…

    木村:「インスタ映えするドライブスポット」といえば、やっぱり自然系は「いいね!」狙えるなって。北海道の知床に行ったときに、どこもインスタ映えだなって思ったんですよね。
    八木:確かに、熊、現れましたもんね(笑)。
    木村:そう、ドライブしてたらヒグマがいて、思わず私は撮影したくて様子を伺いながら頑張ってたんだけど、運転してた友達は怖い怖いって言ってて……って、インスタ映えなのか(笑)?
    八木:日常であんまり見られないものが載ってたら目に留まるから“映え”ですよ!
    河村:あとは花畑! 「国営ひたちなか海浜公園」とか春になるとみんなアップしてますよね。
    八木:北海道だと……食べ物が“映え”かなぁ。海鮮系にジンギスカン…あとなんだろう? あんまり行かないところが“映え”ですよね。

  •     ドライブ弥太郎

    河村:地元のインスタ映えスポットってありますか?
    木村:兵庫だと淡路島と、朝来市の竹田城がオススメです!
    八木&河村:(竹田城の写真を見て)あ、すごーい!
    木村:竹田城の向かいの山に登って、竹田城を撮るのがいいんです。淡路島には「ニジゲンノモリ」という所があって、そこもオススメです!
    河村:広島はやっぱり厳島神社。すごい綺麗で、どう撮ってもおしゃれになりますよ。花火大会とかもありますし。
    八木:北海道は……あり過ぎてわからないし、札幌に閉じこもってたからなあ……。
    木村:(スマホを見せながら)これどう? (北海道斜里町の)「天に続く道」。すごくない?
    河村:すご! これ他の県だとなかなかできないですよね。
    八木:運転しやすそう。
    河村:ネーミングもおしゃれ!

  •     ドライブ弥太郎

    ■どういう時インスタを使う?

    八木:インスタに上げるときは、「いつもと違う」って思ったときかな。撮影を日々しているなかで、不思議なメイク、おしゃれな凝ったメイクをしていただいたときとか。あとショーでいろんな人に会ったら、あー久しぶり!って撮ったりとか。国内&海外旅行も。日常はあんまり撮らなくて、いつもと違うときだけカメラを取り出したくなるので。そういうのって結構“映え”だと思います!
    河村:なんか、だんだんアップするハードルが上がってきてますよね。みんな厳選して、これは上げるほどじゃないかな……みたいな感じとかがすごく出てると思います。つい加工にもこだわっちゃいますしね。

  •     ドライブ弥太郎

    八木:加工は、なんかしたくなっちゃいますよね。ちょっと暗いなとか、色味をちょっと濃くしてみたりとか、海とか撮ってもそのままよりもちょっと色味濃くした方がパッと目に入るし。それを一回覚えると、もうもっと“映え”になる方法を知っちゃったから(笑)。
    木村:確かに、目に見えている色と撮る色ってちょっと違ったりするから、もうちょっと濃かったよね☆とか(笑)。思い出を美しくしてますよね(笑)。

  •     ドライブ弥太郎

    ■「vivi_amie」インスタアカウントは素の自分?

    八木:今回の「vivi_amie」のインスタで私が気を付けていることは……自分で言うのもなんなんですけど、私、ViViではちょっと「お人形さん」を意識したような表情をすることが多いんです。私自身のインスタも結構そういう表情が多いんですけど、私、本当はアウトドアとか好きな方で、こうやって「vivi_amie」のインスタで夏をたくさん楽しませていただいているので、私のモデルとしてのアカウントよりも、さらに素の私が出てる、素で楽しんでるのが「vivi_amie」のアカウントかなと思います。カメラ向けられるとちょっと決めがちなのを封印して撮るのがこだわりです!
    河村:アウトドアが好きなんですね! プライベートはどんな感じなんですか?

  •     ドライブ弥太郎

    八木:オフはなるべく出掛ける! 家にいることはあまりなくて。お仕事とかも日々やっているので、髪の根元が伸びてきたなと思ったら染めに行ったり、整体とかの自分ケアとか、あと友達とカフェぐるぐるしたり。2日とか3日時間が空けば、旅行にすぐ行きます。短い期間だったら国内とか、ちょっと離れたアジアとか。長ければビューンてどっか行きます。
    木村:実は運動神経良いですよね。ジップラインもダーッと滑っていくし。ViViでの“八木アリサ”だったら恐がりそうなイメージだけど、「行ってきまーす」ってシャーって(笑)。この前、川で撮影したときも、岩をポンポンポンって超えてって。川が流れてるところをジャンプして行くし、山道もスタスタスタって行くんで、意外な一面ですよね(笑)。

  •     ドライブ弥太郎

    ■Amieは女子をわかってる!?

    木村:「Amie」は、実際に撮影をしたら、赤の色みがすごい可愛くて、赤い車っていいなって思いました。今まで赤い車ってなんかちょっとけばけばしいっていうか、派手すぎる感じがしてたけど、これはすごく可愛い色だなって。
    八木:シートがとにかく快適で。なんかコロンとしててかわいいし、他の車にもありますけど、UVカットも嬉しくて。そこが一番感動しました、運転だときっと右腕だけ日差しがあたって焼けるじゃないですか。運転中もUVカットならいいじゃん、ドライブ行けるじゃん! ってなりました。
    河村:UVカットを取り入れている車は今多いんですけど、UV加工が付いてること自体あまり知られていないと思うんですよ。だから嬉しい機能かもしれない。しかも、99パーセントカットでしたよね。

  •     ドライブ弥太郎

    八木:えーすごい! 99パーセントもカットするの? すごいじゃないか! そんなにカットしてくれるとは思わなかった。99パーセントってすごくないですか?
    木村:ほぼだもんね、ほぼ。
    八木:日焼け止め要らずってこと?
    木村:いや、一応塗っといた方がいいと思います(笑)。あと結構荷物詰めるなっていう印象。後ろもそうですけど、前にも小物入れが付いててミニバッグなら入りそうだし、リップとか携帯とか置けるところもあってすごいいいかも。
    八木:女子のことわかってらっしゃる。鞄とかもいっぱいポケット付いてると喜ぶ的な感じ。
    河村:内装には特に細かな気遣いありますよね。メーター周りのデザインや色使いとか。
    木村:あと「オートエアコン」って、空調にこだわってるのも分かる!

  •     ドライブ弥太郎

    八木:ちなみに、実は今日、撮影で赤い「Amie」と一緒にいたんですけど、すごい派手な緑のワンピースを着て。パキッとした色同士で写真を撮ったのを見たときに可愛かったから、「Amie」と写真撮るんだったら、コーディネートを考えても“映え”だなと思いました。
    木村:何回も言いますけど、キャンプもオススメです(笑)。荷物が積めるんですよ、本当に! キャンプって大きい車で行くイメージが強いと思うんですけど、全然行けるんですよ。だからそこは推したいです。あと、サービスエリアとか行っても目立つからいいかも!

  •     ドライブ弥太郎

    河村:「Amie」って、可愛いけど別に媚を売ってる車じゃないと思っていて。これに乗って女の子が出掛けて楽しむのはもちろんなんですけど、例えば彼氏が運転しても全然ヘンじゃないなと。ただ可愛いことだけを追求した車ってわけじゃなくて、持っている人のライフスタイルを楽しくしてくれるとか、ちゃんと日常に寄り添える可愛さがあるなと。そういった「Amie」のある日々の楽しさをインスタアカウントから感じてもらえるといいなと思います。
    八木:あんなにやわらかいシートに座ったことがなくて、すごく乗り心地も良い。あといい具合にコンパクトなので運転しやすい! 「Amie」は、初心者にとって全部そろっていて運転しやすい気がしました。
    河村:車があると行けるところが増えるから、楽しみが広がりますよね。

  •     ドライブ弥太郎

    八木:そう、キャンプ道具を電車で持って行ってとか無理じゃないですか。借りるとかにしてもちょっとお金もかかるし、積んでいけたら、揃えたらもう行き放題じゃないですか。だから「週末休みだね、行こう!」みたいに、サクッとアウトドアが、でもしっかり楽しめるのがいいなって思いました。
    木村:日常でも使えますよね。どこかへ行くっていう楽しさもあると思うんですけど、ちょっとそこまで買い物みたいな。
    八木:行動範囲がぐっと広がるから、あんまり行けなかった場所に、初心者だけど、「Amie」 なら運転しやすいし、私も頑張って出掛けてみようかと思います!

    ―――八木さん、木村さん、河村さん、お疲れ様でした!