">     
 
    volume 19994
  •     特撮でソングするシンガーの下積みが自然体だった件
    特撮でソングするシンガーの下積みが自然体だった件
  •     鼻毛の森

    J-POP、ロック、パンク・・・音楽シーンには様々な“ジャンル”が存在し、大衆からマニアまであらゆる層のあらゆるニーズに応えてくれます。
    その中でも、「アニソン(アニメソング)」や「特ソン(特撮ソング)」は、幼少期の人格形成に影響を与えてくれるポジティブすぎる存在。
    今回は、選ばれし歴代“主題歌シンガー”の中から、人生そのものが“元”キッズたちにも「勇気と希望」を与えて続けていると噂の「高橋秀幸」さんをご紹介します。

  •     鼻毛の森

    通勤ラッシュのど真ん中、ご足労かけました「高橋秀幸」さん。
    日曜朝のテレビ朝日系ヒーロー(戦隊)シリーズ、デビュー曲となった「炎神戦隊ゴーオンジャー」「特命戦隊ゴーバスターズ」のOPや「天装戦隊ゴセイジャー」EDで知られる、“歌声に覚えあり”なお方です!

    記者:すみません。お忙しいところ、朝早くお呼びたてしまして!
    高橋:朝早くなったのは記者さんの都合じゃないですか(笑)僕はいつでも合わせますよ!。

    おっと・・・話しやすそうな好感触・・・。では、じっくりとお話を聞くべく、待ち合わせ場所(渋谷)最寄りの(リーズナブルな)カフェに場所を移すことにしましょう。

  •     鼻毛の森

    記者:デビュー10周年なんですね!おめでとうございます!
    高橋:ありがとうございます!おかげさまで45歳となった今も音楽に携われて幸せです。
    記者:45歳で10周年?・・・デビュー遅くないですか?
    高橋:言葉選ばないですね(笑)まあ、回り道にしましたから・・・

    歌声はもちろん、見た目もさわやかながら実年齢はなかなかのベテラン。そんなに長い下積みを要求される業界なのかと思いきや、高橋さんの“遅咲き”は特殊な例なのだそうで。

  •     鼻毛の森

    高橋:ふと歌手を目指そうと思ったのは高校生の頃です。“とにかく(地元山形を出て)東京に出なきゃ”ってことで、親には進学という別の理由で説得して上京しました(汗)
    記者:上京あるあるですね(笑)そこから・・・15年以上も粘ったわけですか?
    高橋:いや、さすがに親にも申し訳なく、20代後半できっぱり諦めて就職しました。デモテープも数え切れないほど色んなレコード会社に送付したのですが無反応で・・・これはもう潮時かもなって。

    音楽に縁遠いこともない制作会社が就職先だったことで、描いてきた夢に区切りをつけることができたという高橋さん。その中で任されたある仕事で(まさかの)転機が訪れます。

  •     鼻毛の森

    高橋:主題歌そのものって(概ね)公募から決まるんですよね。で、取引先の作詞作曲コンペ用のデモテープづくりにも携わる機会があって、“仮歌”を「やりますよ~」ってスタンスで入れてたんですよね。
    記者:あ、で、コンペを勝ち抜いた楽曲にそのまま便乗したパターンですか!
    高橋:いや…楽曲自体は他の事務所さんの作家さんの物でした。ただ、(取引先から)膨大な数のデモテープを送っていましたし、制作ディレクターが、僕の声を覚えてしまっていたみたいで・・・あれよあれよとデビューの話になっていきました(笑)
    記者:仮歌歌手だけが御指名で引き上げられたと、まさにシンデレラストーリー!

  •     鼻毛の森

    “なにが起きるのかわからないのが人生”を地で行く高橋さん。

    34歳でのデビューともあって、新人が紹介される“お披露目”会では「けっこう浮いていたかも」と振り返ります。ただ、苦労人でありながらも明るい人柄・・・加えて社会人出身ならではの礼儀正しさで業界内に溶け込み、今やレジェンド・水木一郎さん率いるアニソン登山部に参加するまでに!もちろん、実力が認められたうえでの話ですが。

    今は「(ありがたいことに)ほとんどの戦隊モノでなにかしらの歌を担当しています」とのことで4年前には正式に脱サラし、念願のプロ歌手専業に!・・・10周年はもちろん、改めて(10年前の)デビューおめでとうございます(涙)

  •     鼻毛の森

    「親はつい最近まで、(僕が)フリーターだと思ってたみたいで・・・地元(山形)に凱旋して報告できるようになったのが一番嬉しい」と笑う高橋さん。
    “歌のお兄さん”を担当したこともあり、ファンやその家族との“近距離”を大切にする庶民派本格シンガー!デビュー曲を務めた「ゴーオンジャー」も10周年でなにやら新展開が?・・・とにかく、高橋秀幸さんの“燃える”メモリアルイヤーにご期待あれ! 取材:橋詰晋也(鼻毛の森)

INFORMATION

PLACE

備考:

2018年4月26日掲載

PERSON鼻毛の森

鼻毛の森
「残念な現実」を歌詞に綴った"アウトレットJ-POP"を世に送る「脱理想論」特化型シンガーソングライター。
「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「だから言ったのに」..."現実的過ぎる"表題・歌詞に"王道すぎる"メロディ・サウンドを重ねた意図的な違和感が秀逸と話題に。
CX「アウト×デラックス」などあらゆるメディアを通じて「プチ炎上」による拡散を続ける傍ら、業界内で高く評価される「言葉の妙」を活かし、ラジオパーソナリティ、司会者、コラムニスト、フリーライターとしても活躍中。
北陸新幹線開業で潤う石川県金沢市在住だが、その恩恵は直接受けていない。