">     
 
    volume 19701
  •     祝・設立10周年!日本唐揚協会「謝肉祭」に(今年も)行ってきた。
    祝・設立10周年!日本唐揚協会「謝肉祭」に(今年も)行ってきた。
    ホテル雅叙園東京 アルコ ザ ガーデン
  •     鼻毛の森

    鼻毛の森です。
    現実のみを信じてやまない(シンガーソング)ライターです。
    2月9日・・・この日の僕は「目黒」におりました。
    僕がこの地に降り立つ目的の8割は『ホテル雅叙園東京(旧名:目黒雅叙園)』で開催される「日本唐揚協会」の行事なのですが、今回もその通りですのでご安心ください。

  •     鼻毛の森

    ただ、今回はいつもの「本館」の玄関をくぐらず、別棟からの入場。
    お目当ては、昨年オープンしたばかりのカフェレストラン「アルコ ザ ガーデン」です。
    毎年この日(2月9日=ニクの日)に本館で催されている全国の‟カラアゲニスト”(=ファン)先着200名(ほど)限定の交流イベント・・・新たな舞台へと移された受付には開場前から参加者の大行列が出来上がっておりました。

  •     鼻毛の森

    その交流イベントとは‟これから1年間食べ続けていく唐揚げに対しての感謝の機会”、そして‟唐揚げで日本を盛り揚げる機会”として催される「賀詞交換謝肉祭」のこと。
    毎年11月29日(イイニクの日)には、1年間の‟充実唐揚げライフ”に感謝する「忘年謝肉祭」が行われているので、ざっくり言うと新年会に当たるイベントです。

  •     鼻毛の森

    ちなみにこの日は、フロアだけでなく、厨房の一角(フライヤー回り)も貸し切りに。
    中ではすでに日本屈指の唐揚げ店から‟揚げ師”が大活躍していました。。
    「からあげグランプリ®」最高金賞受賞の常連店(大分県中津市の)『鳥しん』角(すみ)社長ら名物店主が肩を並べて腕をふるいまくる・・・マニアからならお金をいただける光景です。
    ※さらにこの日は調理に忙しく、1秒たりとも参加者の前に現れることはありませんでしたとさ。レア感ましまし!

  •     鼻毛の森

    では(フロアに戻って)ご覧いただきましょう。
    テーブル色と同化しそうなほどキレイに揚がった名店の唐揚げたちがドン!
    空間に充満する唐揚げの香りは、開宴への狼煙(のろし)でしかありません!

  •     鼻毛の森

    まずは(日本唐揚協会)会長のやすひさてっぺい氏による年頭所感のご挨拶。
    昨年は‟酉年で平成29(にく)年”というメモリアルイヤーでしたが、今年は協会‟10周年”のリアル節目!ますます唐揚げ文化を盛り”揚げ”ていくと約束してくれましたよ!

  •     鼻毛の森

    さあ、前回同様、「から~あげ~」の唱和に乗せた「日本唐揚協会」独特の‟乾杯”で宴のスタートです!

  •     鼻毛の森

    用意された4店舗の唐揚げ(本物)が次々とカラアゲニストに手渡され、黙々と消費されていく光景は圧巻。他の食事メニューなど一切なく、‟栄養バランス”などどこ吹く風です(笑)
    でもいいのです。どんな食事の席であっても、もとより彼ら(カラアゲニスト)のお目当ては‟唐揚げのみ”なのですから。

  •     鼻毛の森

    ちなみに、ドリンクは豊富にそろえているのでバリエーションの調整はこちらで。

  •     鼻毛の森

    ただ、食べ物はシンプルですがイベントは盛りだくさん!
    今回もイベントの総合司会を務めた‟からあげアイドル”「有野いく(通称・いくちょん)」との記念撮影もフリーな状態!なので唐揚げ初心者でも普通に楽しめます。
    ※彼女はこのイベントの後、「有●反省会」でツメ跡を残したので注目度上昇中!

  •     鼻毛の森

    そして、「日本唐揚協会」不動の公式アイドル(マスコット)「ピヨからくん」との記念撮影もフリー!いい大人たちが童心に帰ってはしゃいでいます。嗚呼、お帰りなさい!

  •     鼻毛の森

    テンションの‟アゲアゲ”度がマックスとなったところで、こちらも前回同様、「「から~あげ~」の唱和に乗せたオリジナルの万歳三唱で閉館宣言!うん、「唐揚げ」はあらゆる喜びの共通言語なのですね!

  •     鼻毛の森

    取材撮影も終わり、余るであろうと予測した「唐揚げ」を分けてもらおうと思ったら・・・ 全ての唐揚げは収穫され、まるで焼け野原のような(僕的に)残念な状態でした(笑)

  •     鼻毛の森

    舞台を変えても全く変わらない光景・・・それが「謝肉祭」の醍醐味でした。
    結果として前年と同じような撮れ高になってしまったことは記者(鼻毛の森)の不徳の致すところですが、継続は力とも言いますし、‟まぁまぁまぁまぁまぁ”お許しください。
    そういえば・・・そんなタイトルの曲が鼻毛の森最新アルバム『お蔵の音楽』の11曲目あたりに収録されておりましたので、‟鶏あえず!”記事拝読のお供に添えていただけたら幸いです。
    ※こちらも前年と同じオチです。

INFORMATION

PLACEホテル雅叙園東京 アルコ ザ ガーデン

ホテル雅叙園東京 アルコ ザ ガーデン
住所: 東京都目黒区下目黒1-8-1
営業時間:
定休日:
TEL:
HP:
備考:

日本唐揚協会

2018年4月10日掲載

PERSON鼻毛の森

鼻毛の森
「残念な現実」を歌詞に綴った"アウトレットJ-POP"を世に送る「脱理想論」特化型シンガーソングライター。
「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「だから言ったのに」..."現実的過ぎる"表題・歌詞に"王道すぎる"メロディ・サウンドを重ねた意図的な違和感が秀逸と話題に。
CX「アウト×デラックス」などあらゆるメディアを通じて「プチ炎上」による拡散を続ける傍ら、業界内で高く評価される「言葉の妙」を活かし、ラジオパーソナリティ、司会者、コラムニスト、フリーライターとしても活躍中。
北陸新幹線開業で潤う石川県金沢市在住だが、その恩恵は直接受けていない。