">     
 
    volume 18938
  •     
    "TVで観た人いた!!"青学大の箱根メンバーと走ってきた!!
    adidas Runners presents「adizero SPEED SUMMIT
  •     根無一信

    箱根駅伝の熱が冷めない1月21日に、東京・神宮外苑で開催された「adizero SPEED SUMMIT 2018」。近年、箱根駅伝後に開催されているお馴染みのSUMMITですが、今回も豪華ゲストの登場で話題となりました。

  •     根無一信

    あ、お正月にテレビで観た人だ。写真左は、箱根駅伝で青学の第5区を走った立石くん。レース中に両足をつってしまい、一度立ち止まってストレッチをした姿は記憶に新しい。あの大舞台で冷静に自分の体と向き合える冷静で力強い選手です。

  •     根無一信

    そして、何よりも驚いたのが、元世界記録保持者であり、東京マラソン2017の優勝ランナーであるキプサング選手。大会記録(2時間03分58秒=日本国内最高記録)保持者でもあります。チャーミングな笑顔が印象的で、優しさオーラ全開。

  •     根無一信

    今回は、神宮外苑に特設コースを設置し、そこを2周(3km)するといったもの。レベルごとに通過タイムが決まっており、それをクリアすると最も速いランナーを決める決勝に進める。そのレースのペーサーとしてキプサング選手や青学の選手たちが走ってくれるのです。めっちゃ豪華。

  •     根無一信

    いざ、レースがスタートすると「はえぇーー」と、四方八方からため息が。大きなストライドで走るペーサーの迫力といったら。。。これがホンモノというやつですね。

  •     根無一信

    最も高いLevel 5だと、9~9分25秒でゴールする必要が。3kmを9分で走りきるなんて……。同イベントに参加した一般ランナーも見事な走り。みなさん、なんでこんなにも速く走れるのですか。

  •     根無一信

    ということで、挑戦してみました。Level 3(11~11分30秒)と、Level 1(14~15分)に。

  •     根無一信

    ランニングのトレーニングをしていて、フルマラソンを4時間切りで走る男性ランナー。普段は研究者として働くが、松本人志並みの肉体改造に成功し、自信をみなぎらせる。挑むのはLevel 3(11~11分30秒)、目標は11分切り。

  •     根無一信

    足りてない。全然、足りていない。50秒オーバーでゴール。

  •     根無一信

    肩で息をしながらレースをふりかえる研究者。「とてもじゃないけど、難しい。めちゃくちゃしんどい。1週目はなんとか持ちこたえるけど、2週目は無理。マラソンのように長くゆっくり走る有酸素運動とこのレースは別物。ちょっとトレーニングが必要」とのこと。研究者のグラサンの先には、「無理」の二文字が浮き上がったよう。

  •     根無一信

    Level 1(14~15分)に挑む女性デザイナーに研究者らしくアドバイス。「前半戦、無理につっこむと後半バテて走れない。設定タイムをクリアするなら、平均的なスピードを保ちつつ15分切りを目指そう」

  •     根無一信

    「いや、でも、絶対ムリやで」(心の声)

  •     根無一信

    平均的なスピードをキープね。昨日の夜も今日の朝もバナナ食べたしね。よし!

  •     根無一信

    ……。そもそも、平均的なスピードが桁違いで遅かった(のちに途中棄権)。

  •     根無一信

    なかなか思うような結果が出なかった同レースでしたが、参加賞としてAR(アディダスランナーズ)のTシャツをもらいニンマリ。近年、様々なランニングイベントを展開しているアディダス。次はどんなお楽しみが待っているのか、ちょっとランニングして準備しておきたいですね。いやはや、運動もしてTシャツももらって、気持ちの良い休日となりました。