">     
 
    volume 18494
  •     冬季限定の雪山(的)グルメを渋谷のど真ん中で味わってきた!
    冬季限定の雪山(的)グルメを渋谷のど真ん中で味わってきた!
    かにチャーハンの店 渋谷店
  •     鼻毛の森

    鼻毛の森です。
    シンガーとして(残念な現実に焦点を当てた)ソングを作ったりするライターです。
    大雪の北陸から出発した深夜高速バスの到着が長野の雪山の影響で遅れに遅れた師走のど真ん中…僕は東京ののど真ん中に降り立ちました。
    なんでも、雪の気配すらないこの大都会・渋谷にも“真っ白な雪(のような)山”があるとかないとかで…真偽のほどを確かめるために!

  •     鼻毛の森

    「東急ハンズ」のそば、宇田川町交番から3軒目のビル…その3階(山頂?)に連れて行ってくれたのは文明の利器であるエレベーターでした。
    扉が開くと、視界には銀世界…はなく、グレーな(コンクリート)打ちっぱなしの壁面が!

  •     鼻毛の森

    もしここが雪山であれば、出会ってしまうのは雪男か白熊なんでしょうが…
    出迎えてくれたのは真っ白なコック服を身にまとった若き料理人・村上さん。
    そう、今回僕が挑むのは、彼が調理する“真っ白な雪(のような)山”なのです!

  •     鼻毛の森

    ちなみに、この隠れ家的な飲食店の正体は、国内主要都市に8店舗を展開する『かにチャーハンの店』の総本山・渋谷店。
    名の通り、かにの身をたっぷり使った「かにチャーハン」をリーズナブルに提供してくれる、むしろホットなお店なのです。

  •     鼻毛の森

    鼻毛:なるほど。となると“真っ白な雪(のような)山”というのは、山盛りのチャーハンのこと…焼き目がつかないようにとか、(味付けの)タレを工夫することで真っ白なごはんを活かすって解釈でよろしいでしょうか?

    村上:なかなかいい見立てですが不正解です(笑)確かにごはんを炒める際は塩だれを使うなどで色味がつかないようにしていますが、それって普通ですよね。このチャーハンの特徴となる“白”は、その上に乗せる“たまご”焼きにあるんです。

  •     鼻毛の森

    鼻毛:これ…“たまご”ですか?透明ではないので、白身ってわけでもなさそうですし…牛乳とか生クリームとかかなりの割合で混ぜてあるんでしょ???

    村上:仕込みの段階でネギなどは和えていますが、この白は黄身も含めての白なんですよ!

    鼻毛:黄身が白い…それってもはや白身でしょ(笑)

  •     鼻毛の森

    村上:この“白いたまご”は、生まれたときから(特定の)白いエサだけで育てられた鶏が生んだ超レアものです。通常のたまごはチャーハンで多用しているので、その(親密な)業者から期間限定で手配しました。

    その名も「ホワイトエッグチャーハン」!その全貌を工程からご覧いただきましょう。

  •     鼻毛の森

    目玉焼きの“黄身レス”のような「ホワイトエッグ」が「ホワイトチャーハン」の表層をすっぽりと囲み…

  •     鼻毛の森

    白い「帆立柱」乗せーの。

  •     鼻毛の森

    白い「(剝き)大海老」乗せ―の。

  •     鼻毛の森

    このまま“白づくし”で統一するのかと思わせて…『かにチャーハンの店』の真骨頂、“かに棒肉”の赤色が加わり…

  •     鼻毛の森

    濃厚な餡がたっぷり…って!?

  •     鼻毛の森

    (ビジュアル的に)そこはホワイトソースでもよくね????

  •     鼻毛の森

    そう、濃厚で優しい餡が決め手の「とろ玉チャーハン」は、『かにチャーハンの店』のもう一つの名物で色変更は不能。
    “白”色に染まったその他はむしろ、このカニと餡の個性を強烈に際立たせるための脇役に徹したのかもしれません。
    そう考えると、そのビジュアルは“霊峰”のごとく美しく、雄々しく思えてきます。

  •     鼻毛の森

    さて、この“真っ白な雪(のような)山”…ここまで美味しそうなら、もはや制覇などたやすいこと!
    迷うことなく進んだ箸(スプーン)は、ラッセル車のごとく山を切り開きましたとさ。
    ちなみに玉子そのものの味わいは、黄色い黄身のそれとなんら変わらず旨味たっぷり!
    ああ、味覚も視覚も満たす幸せな雪山…ごちそう様でした!

  •     鼻毛の森

    しかし、この「かに棒肉と帆立柱と大海老ホワイトエッグチャーハン(980円/税込※かに味噌汁付き)」は、実際の雪山より一足(以上)早い翌1月中旬で今シーズンの販売を終了するとのこと。
    加えて、今回初登場のコチラが来年の同じ時期に再登場するかは皆様の反響次第なのだとか。
    なので、是非、“お蔵入り”させないようにお気遣いください。
    そう、同期(2017年12月発売)となる私のニューアルバム『お蔵の音楽』と同じように。
    え?見え見えのオチに白けたって???それはたぶん…雪山です(謎)

INFORMATION

PLACEかにチャーハンの店 渋谷店

かにチャーハンの店 渋谷店
住所: 渋谷区宇田川町31-4篠田ビル3F
営業時間: 11:30~15:30 17:00~22:00(LO:21:45)
定休日: 第1月曜(祝祭の場合は翌日)
TEL: 03-5784-2443
HP: http://www.stride.co.jp/chahan/
備考:

2017年12月28日掲載

PERSON鼻毛の森

鼻毛の森
「残念な現実」を歌詞に綴った"アウトレットJ-POP"を世に送る「脱理想論」特化型シンガーソングライター。
「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「だから言ったのに」..."現実的過ぎる"表題・歌詞に"王道すぎる"メロディ・サウンドを重ねた意図的な違和感が秀逸と話題に。
CX「アウト×デラックス」などあらゆるメディアを通じて「プチ炎上」による拡散を続ける傍ら、業界内で高く評価される「言葉の妙」を活かし、ラジオパーソナリティ、司会者、コラムニスト、フリーライターとしても活躍中。
北陸新幹線開業で潤う石川県金沢市在住だが、その恩恵は直接受けていない。