">     
 
    volume 17511
  •     電話番号・HPなし!河川敷にたたずむ「たぬきや」さんで飲んできた
    電話番号・HPなし!河川敷にたたずむ「たぬきや」さんで飲んできた
    たぬきや
  •     根無一信

    お酒好きの皆様、常々、自分の嗜好にマッチした居酒屋を探していることかと思います。実はこの秋頃、多摩川の河川敷で、地元のお客さんを中心に人気を集めている「たぬきや」さんにお邪魔してきました。ちょっとこの異空間、気になりませんか。ただならない雰囲気を醸す同店をのぞいてみましょう。

  •     根無一信

    昭和10年から続いている同店。歴史ある建物で、昼間っからビールのグラスを傾けるのは、日々、忙しい毎日をおくっている筆者にとって異空間。地元の飲兵衛を中心に、わざわざこのお店にきたお客さんもチラホラいらしゃいます。

  •     根無一信

    お店は、基本的にはセルフサービス。これがまた面白い。お母さんにビールの数を伝えて、自分で瓶ビールとグラスを持ってテーブルへ。料理も急いで出してもらうような野暮は言わず、スナック菓子を購入して、さらにグラスを傾けます。

  •     根無一信

    可愛らしい枝豆専用カップに乗って、枝豆(350円)が登場。これは、初めてみる専用カップだ。

  •     根無一信

    焼き鳥盛り合わせ(500円)は、塩とたれを選ぶことができます。どれも他の赤提灯居酒屋とレベルの差はありません。と、なるとやっぱりロケーションの良いところで飲みたいものです。

  •     根無一信

    トマトサワー、青リンゴサワー、梅サワー(各350円)と、色鮮やかなサワー。

  •     根無一信

    昼間から飲むという背徳感からか、異常に酒がうまいし、異常に楽しい「たぬきや」さんの昼飲み。

  •     根無一信

    お店のすぐ近くには京王線が走っており、電車を眺めながらのお酒は一興。

  •     根無一信

    ビニールボールを使ってのキャッチボール。

  •     根無一信

    ですが、全然まっすぐ飛ばない……。

  •     根無一信

    お店は19時に閉店。散らかってしまったお皿やコップを整えて帰る準備。ちなみに同店のHPや電話番号はありません。天候次第では、途中で閉店したり、そもそも開店しなかったりします。そういったお店のペースにうまく合致した飲兵衛にとっては、非常に楽しいお店なのかもしれませんね。

  •     根無一信

    とにかく肩の力が抜けて楽しめる「たぬきや」。他の赤提灯居酒屋と一線を画した同店で、盃を傾けてみませんか。なんだか、気分がほっこりとしますよ。