">     
 
    volume 17393
  •     「世界でもっとも古い2日間の山岳マラソンレース」の
    「世界でもっとも古い2日間の山岳マラソンレース」の"ゆるい版"も結構ハードだった件
    OMM JAPAN 2017 NOBEYAMA KOGEN
  •     根無一信

    イギリスで毎年開催される山岳レース「OMM(Original Mountain Marathon)」。1968年にスタートした同レースは、「世界でもっとも古い2日間の山岳マラソンレース」と言われており、あえて気候条件の厳しい時期に開催される、なんともハードなレース。レースに必要な装備は全て自己責任で。体力を始め、ナビゲーション力、セルフエマージェンシー力、判断力が問われます。

  •     根無一信

    公式ページに紹介されているルールを見ると、なかなか背筋が伸びますよ。「・コース上に決められたルートはありません。自身のナビゲーションを頼りに指定のCPを通過しながらFINISHを目指します。・途中エイド等の休息ポイントは一切ありません。・レース中は運営陣及びその他から一切のサポートも受けられません。・2日分の水、食料、宿泊装備、約5Kg~10kg(各人によって異なります)の荷物をすべて携帯し行動します。・1日目夜に野営が必須です。」……さすがにこれは素人では参加できないので、それよりも緩い「OMMLITE/BIKE 2017」に参加してきました。

  •     根無一信

    白馬の岩岳で開催された「OMM LITE」。同レースも変わっていて、地図は事前に確認できるのですが、記載されているポイントの配分点が明かされていません。ですので、何となくの行程は決めることができるのですが、最終決定はポイント表が配分されるレース開始15分前。前日入りした我々は、ゆっくりとキャンプを楽しみながら、その時を待っていました。同レースの会場では、飲食ブースやショップブースがあり、音楽も流れており、まるでフェス気分。レース前はキャンプとレース、どっちが本番なのかわからないくらい。

  •     根無一信

    しかし、レース開始15分前のポイント表が配布されると、一気に空気が変わります。

  •     根無一信

    いよいよレーススタート。勢いよく飛び出すチームや、マイペースチームなど様々(レース参加は複数人のチーム単位)。

  •     根無一信

    OMMの本番レースと同じく1泊2日で開催されており、山の中や街の中にあるチェックポイント探します。決められた時間内に帰ってこれないと、ポイントが減点されてしまいます。

  •     根無一信

    地図を見ながらポイントを探す。普段から、グーグルマップなどでGPS機能を使っているほど、この地図を読むのが難しい。目的地はわかるのですが、現在地がわからないということが頻発。でも、自然にかえった気持ちになり、デジタルに頼りきっている都会の暮らしから距離を置けた感覚になりました。

  •     根無一信

    チームのメンバーとアレヤコレヤと相談し、時間内にこのポイントは可能、不可能など作戦を練りながら進んでいきます。すれ違う他チームと「こんにちは」と挨拶を交わすのも新鮮で楽しかったです。

  •     根無一信

    なんとか1日目を終了(到着時間を少し過ぎてしまいました)。夜はバーベキューをしたり、お風呂に入ったり、各々のチームで楽しく過ごします。疲労が蓄積していたチームが多かったのか、キャンプサイトが寝静まって静かになるのが、意外と早かったです。

  •     根無一信

    2日目も同じ岩岳を走るのですが、前日と配分されるポイントが変わってきます。我々は前日よりもより山側をせめてみました。

  •     根無一信

    雨模様の中、山を登りながらポイントを探します。私たちは歩いてしまいましたが、トップスコアのチームはここを走って上がっていきます(というか常時走っています)。

  •     根無一信

    OMM本番レースより楽、と勝手に決め込んでいましたが、これはこれでなかなかハード。山登りが続くと、疲労困憊となってしまいます。2日目のレース時間は4時間(1日目は5時間)、この日はその多くを山道で過ごしました。とはいえ、自分たちで地図を見ながらコースを設定するレースは、非常に有意義なもの。忘れていた何かを思い出せます。

  •     根無一信

    ゴ、ゴール〜。参加チームの中では、随分と後半の順位でしたが、満足度は非常に高いレースでした。このOMMLITEは(今のところ)毎年、開催されておりますので、関心のある方はぜひ来年に。もっと激しめの山岳レースに挑戦したい方は11月開催の本戦を要チェックです。