">     
 
    volume 17392
  •     秋の
    秋の"大人の運動会"はスパルタンレースで!? 第1回大会に参加して心を折ってきた!!
    リーボック スパルタンレース
  •     根無一信

    第2回の開催となる「Reebok Spartan Race(リーボック スパルタンレース)」。同レースは、世界30か国で展開する、参加者数100万人以上の障害物レース。そのミッションは参加者を健康にし、より活発にすること。また、自分自身が変わることを楽しませること。そんな同レースの第1回大会に参加してきました。

  •     根無一信

    いつものランニングイベントと異なる雰囲気が会場にありました。というのも、筋肉隆々の方々が、たくさんいらっしゃるのです。障害物レースでは、スピードだけが問われるのではありません。様々な障害を乗り越えていくスピードも問われるので、日々、筋肉を鍛えている方々が、Tシャツが邪魔だと言わんばかりに、その成果を見せつけてきます。皆、自信満々の表情。

  •     根無一信

    さて、肝心のレースですが、このように、砂利をバケツに入れて定位置まで運びます(めちゃくちゃ重たいです)。何のためにバケツを運んでいるのか……それを考えては、このレースが成立しません。与えられた課題に、真摯に向き合うしかないのです。

  •     根無一信

    そして、斜めに倒れた壁をよじ登ります。この手前に傾いた壁がなんとも登りにくく、自分の重心が邪魔して、なかなかスムーズにクリアできないのです。

  •     根無一信

    おもりの入った袋を持ち上げる障害もあります。これがまた常識外れかと思うほどに重たい。ピクリとも動かない袋。大人2人がかりで引っ張ってやっと。もちろん、これは反則で、目の前の課題をクリアできなかった人は、子供の頃にやった罰ゲーム「バーピー(しゃがんで、足を伸ばして戻して、ジャンプして上で手を叩く)」が課せられます。むしろ、全障害、バーピーになってしまうことも。

  •     根無一信

    明らかに自分よりも強そうな人がこの表情。

  •     根無一信

    さんざん腕の筋肉を使った後に、これは無理。バーピー行き決定です。

  •     根無一信

    なんやかんやで今回、参加した「スパルタン・スプリント」では、約7kmを走り、20前後の障害物に挑みました。腕も足も腹も……普段使わない筋肉をフルに動員して、バーピーを頑張りました。

  •     根無一信

    楽しそうに走っていたのは、リアルキン肉マンだけ。世の中には、理解できないほど、運動能力の高い方々がいるんですね。

  •     根無一信

    私は、泥水の中のほふく前進で心が折れ、何度も繰り返されるバーピーに心が折れ、楽しそうに走っているリアルキン肉マンを見て心が折れ……。そんな、レースの第2回大会が10月に開催されるようですよ。リアルキン肉マンを自負する皆さん、参加してみてはいかがでしょう。