">     
 
    volume 17272
  •     シェイク「やさしくキスして」オーストラリア人の心を掴む
    シェイク「やさしくキスして」オーストラリア人の心を掴む"インパクトフード"
    Three One 2 One
  •     春夏冬つかさ

    やあ、みんな! 残暑に負けてないかい? 日本はまだ少し暑いみたいだね! 筆者はオーストラリア・メルボルンにいるから暑さとは無縁さ! 羨ましいかい? HAHAHA☆ でも今日は日本で苦しんでいるきみたちのために、元気が出そうなハンバーガー&シェイクを提供している「Three one 2 one」という店を紹介するぜ! 目印はこのナイスなサイのイラストさ!

  •     春夏冬つかさ

    外観だけじゃなく、店のなかもこんなにグレートなんだぜ! ランチタイムを過ぎてもお客さんが途絶えないくらいの人気さ。なんでそんなに人気なのかって? その理由は次のページだ!

  •     春夏冬つかさ

    ホーリーシット! 見てくれよ、このバカでかいシェイクとカラフルなハンバーガーを。これらを提供しているだなんて信じられるかい? メルボリアンたちが夢中になるわけさ。

  •     春夏冬つかさ

    まず注目してほしいのがこのシェイクだ。その名も「KISS ME SOFTLY」(17豪ドル=約1465円)。「やさしくキスして」なんてかわいい名前のわりに、やんちゃな見た目をしてやがるぜ。

  •     春夏冬つかさ

    ヌテラがビンごとささっているシェイクなんて見たことあるかい? ちなみに、この「ヌテラ」ってのはイタリア発のヘーゼルナッツペーストをベースにしたチョコレート風味のスプレッドだ。メルボリアンたちは朝食のパンにこれを塗って食べるのが大好きなのさ。

  •     春夏冬つかさ

    フォトジェニックだが、食べづらいのが難点だ。とりあえずヌテラを取り出して、周りについたアイスやクリームのベタベタをキレイにふき取るところからスタートしよう。大丈夫、時間は十分にあるさ。

  •     春夏冬つかさ

    ヌテラの使い方はもちろん自由! 筆者のオススメは、雪崩状態にトッピングされているチョコチップクッキーを剥がして塗る方法だね。甘いもの×甘いもの=最高の幸せって方程式さ☆

  •     春夏冬つかさ

    バニラアイスを食べ終えると今度は棒にささったチョコアイスが顔を出す。おいおい、どれだけ幸せの方程式を重ねるつもりだ? これらを食べ終えて初めてシェイクに到達するって寸法なんだ。

  •     春夏冬つかさ

    満足するのはまだ早いぜ! 次に紹介するのは「JACK da RIPPA」(16.5豪ドル=約1422円)。 「切り裂きジャック」なんて大それた名前のくせに、さっきの「やさしくキスして」より安いなんて笑っちまうだろ?

  •     春夏冬つかさ

    OMG! なんてうまいんだ! でかすぎて顔が歪んでしまうが、うまさは本物だ。なかに入っているクリスピーチキンに甘辛いタレがよく絡んでいて最高のコンビネーションになっている。レッドキャベツやレッドオニオンのほどよい甘さもチキンの味をよく引き立ててるぜ。辛いもの×甘いもの=最高の幸せって方程式になるってのかい…?

  •     春夏冬つかさ

    まあ、とりあえず落ち着こう。最後に紹介したいのはコイツだ。 「THE GOLDEN CLAWS」(14豪ドル=約1207円)は、なかにソフトシェルクラブが丸ごとドンと入ってるんだ。クールだろ?

  •     春夏冬つかさ

    WTF!! 例によって今回も顔が歪んだが、コイツも本物だ。パクチーと唐辛子を混ぜたマヨネーズソースが絡んでエスニックな味わいを出している。これはアジア人が好きな味に違いない。「金のかぎづめ」なんて名前のわりに、ソフトシェルクラブは程よいやわらかさで食べやすい。辛いもの×酸っぱいもの=最高の幸せっていう方程式まで成立しちまったぜ、HAHAHA☆

  •     春夏冬つかさ

    残念なことに、これら全部を完食できるほど筆者の胃袋は強くなかったようだ。そんなときは持ち帰るのがメルボリアンのたしなみってね☆ もちろんヌテラも忘れずに持ち帰ったよ。明日の朝食はヌテラブレッドで決まりだ。

  •     春夏冬つかさ

    ここまで読んでくれたきみたちならわかるだろう? 「Three one 2 one」がどれだけ最高かってことを。メルボルンに来たらぜひ立ち寄ってみてくれ!