">     
 
    volume 15993
  •     六本木で自然を体感。アークヒルズの木育イベントへ!
    六本木で自然を体感。アークヒルズの木育イベントへ!
    木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees
  •     ふじめ

    やってきました、アークヒルズの木育イベント、“木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees”!六本木一丁目駅から徒歩約3分、5月3日〜5日の3日間の開催。「木」をテーマにし、さまざまなブースで楽しめる親子向けのイベントです。

  •     ふじめ

    イベントの開催メンバーであるモア・トゥリーズの水谷さんにお話を聞きました。「ただ木を使って遊ぶことが目的ではない。林業や地域の自然などの未来を考えたイベント」と水谷さん。おもちゃやワークショップを通して、木に触れることで少しでも子どもたちに林業や地域の自然に興味を持ってほしいとのこと。子どもたちだけではなく、親御さんなどの大人世代にも、林業や地域の自然について考えてほしいともおっしゃっていました。

  •     ふじめ

    はじめに、PLAYエリア。こちらのつみきはなんと建築家・隈研吾さんとモア・トゥリーズのコラボ作品!宮崎県諸塚村のスギ材で作られています。

  •     ふじめ

    隈研吾さんのつみきで遊べるなんて、贅沢な遊びです!

  •     ふじめ

    お次は、LEARNエリアの「木こり体験」です!なんと!東京の檜を切ることが出来るんです。檜の良〜い匂いが漂っています。

  •     ふじめ

    まずは、木こりの仕事、道具の豆知識、年輪などについて教えてくださいました。実は斧の刃の側面には4つの線が入っていて、それぞれの線が「土、水、光、空気」の四気を意味しているそう!木々に対する敬いが表れているんです。

  •     ふじめ

    薪割りなどで使用する鉈で早速切ります!意外と力いるんです、なかなか東京の檜もしぶといわ〜。

  •     ふじめ

    さらには、チェーンソーでの檜切断も体験。均等に切るのはとっても難しいです。なんといっても、音が怖い。でも木を切るのってすごく気持ちいい、新感覚!

  •     ふじめ

    切った木は落書きして持ち帰ることが出来ます。(何気なくキタコレ!をアピールしてみました。)

  •     ふじめ

    「木こり体験」を行っているのは、東京都檜原村に会社を構える東京チェーンソーズのみなさま。青木社長(写真真ん中)はじめ、林業をもっと知ってほしい!という気持ちでブースを運営しています。

  •     ふじめ

    SHOPエリアでは、九州でのびのび育った美味しい野菜たちが売られています。なんと「ベジリー」というアプリをインストールすると、九州のみずみずしい野菜を購入でき、約1時間で家に届けてくれるそうです。(地区限定されています。)

  •     ふじめ

    青パパイヤ(写真左下)は、タイ料理や肉炒めにしても美味しいそうです!食物繊維がたっぷりなので、ダイエットにも良いとか。というか、日本で青パパイヤって採れるんですね、食べたい!

  •     ふじめ

    さてさて、待ってましたEATエリア!ジビエ料理をいただきます。

  •     ふじめ

    こちらがジビエ料理の鹿肉ハンバーガー!実は私ふじめ、鹿を食べるのは初めてなんです。鹿臭そう?大丈夫かしら。

  •     ふじめ

    思い切って頂きました!おっ、意外と臭みもない。程よい塩気と、ぎゅっとつまった肉感にハマりそうです。美味しい!

  •     ふじめ

    最後は、通常は非公開のアークガーデンにもお邪魔して参りました。春の花々が咲き乱れています。

  •     ふじめ

    目玉焼きのようなお花に出会いました。可愛い!けれどなんだかこの写真、おばちゃんっぽい。これぞおばショット。

  •     ふじめ

    日本の森の未来がここにはあるのかもしれません。地域の自然、林業の担い手を育てる木育イベント、来年も開催予定だそうです。ぜひとも足を運んでみてはいかがでしょうか?