">     
 
    volume 15991
  •     【グアムレポ】定番観光地「恋人岬」で、美味しいランチとキレイな景色を堪能
    【グアムレポ】定番観光地「恋人岬」で、美味しいランチとキレイな景色を堪能
    恋人岬(Tho Lovers Point)
  •     りひゃん

    ハッファデイ~!(チャモロ語で「こんにちは」) 今回ご紹介するのは、グアムの定番中の定番観光地である「恋人岬(Two Lovers Point)」。中心部タモンからも比較的近く、いつも多くの観光客で賑わっています。写真に写っている「銀の鐘(通称:幸せの鐘)」は、伊豆市土肥の恋人岬から贈られたもの。伊豆市には「金の鐘」があり、このふたつの鐘を愛し合う2人が鳴らすと、幸せが訪れると言い伝えられているのだとか。ロマンチックですね~!

  •     りひゃん

    展望台に上る前に、敷地内に最近できたばかりの展望レストラン「テラザ・アット・ドス・アマンテス (Terraza at Dos Amantes)」に寄りました。

  •     りひゃん

    今までグアムにありそうでなかった、高台に建つ絶景レストラン。開放的なオープンテラスには、海風が吹き抜けてとっても気持ち良いです。

  •     りひゃん

    テラスからは恋人岬も眺められます。同岬は、先程も登場した日本の伊豆市土肥温泉地区と柏崎市にある恋人岬と、それぞれ「姉妹岬」提携をしているそうですよ。グアムが、いかに日本人と密接した島なのかを垣間見れますね。

  •     りひゃん

    さて「ビール」(7ドル)と「パイナップルジュース」(4ドル)で、まずは喉を潤します。どこまでも広がる海を眺めながらの一杯は格別! 昼間からビールというのも、旅の醍醐味ですね。

  •     りひゃん

    メニューはアメリカンテイスト。まずはアペタイザーに、スタッフおすすめの「チキンウィング(ハーフサイズ)」(6ドル)と、「シーザーサラダ」(11.25ドル)をオーダー。滞在中は野菜不足になりやすいので、モリモリサラダを食べて栄養バランスを整えましょう。

  •     りひゃん

    チキンウィングはピリッと辛い味付けがされていました。マヨベースのタルタルソースを、ディップしていただきましょう。お酒のつまみにピッタリの味です。

  •     りひゃん

    続いては同店自慢の「BBQチーズバーガー」(14.95ドル)あぁ…なぜグアムのハンバーガーは、こうも大きいんだ…。とさすがのボリュームに、オーダーしたことをちょっと後悔しつつ食べる筆者。パテがジューシーで新鮮なレタス、トマト、オニオンも入っており、大満足なバーガーでした! 付属のフライドポテトとオニオンリングは、リクエストすれば写真のようにハーフ&ハーフにも対応してくれます。

  •     りひゃん

    お腹がいっぱいになったところで、恋人岬展望台へ! チケットカウンターで入場料(3ドル)を払い、チケットを購入します。

  •     りひゃん

    敷地内には撮影スポットが沢山! 偶然訪れていたグアムのNEWキャラクター「グアムジラくん」とも、こんなにラブラブな写真が撮れちゃいました。

  •     りひゃん

    タモン湾北端に突き出す、海抜123メートルの高台からの景色。同岬にはスペイン統治時代に、スペイン人総督からの望まない結婚を迫られたチャモロの娘が、愛するチャモロの恋人と永遠の愛を誓い、お互いの髪を結びあって身を投げたという悲恋伝説があります。ここから見える湾の形が、心なしか女性の横顔をかたどったような感じに見えるのは、気のせいでしょうか。

  •     りひゃん

    そして恋人岬名物といえばの「ロック・ユア・ラブ(通称:ハートロック)」。恋人や夫婦同士で愛を約束するメッセージや、大切な人の幸せや健康を願うメッセージが書かれたハート型のキーチェーンが、所狭しと付けられています。筆者はグアムに住んでいながら、一度もこの「儀式」をしたことがありませんが、やはり女心にどこか憧れみたいなものはあります。いつかいつか…!

  •     りひゃん

    断崖絶壁にそびえ建つ、展望塔からのグアムの景色! 今回は昼間に行きましたが、サンセットの時間帯も息を飲むほどの絶景が拝めます。グアム滞在中に一度は行きたい「恋人岬」。展望レストランオープンをきっかけに、更に有意義に過ごせる観光地に進化したので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。