">     
 
    volume 15339
  • 新宿駅東南口高架下にオープンしたカフェ&イベントスペース「サナギ新宿」に潜入
    新宿駅東南口高架下にオープンしたカフェ&イベントスペース「サナギ新宿」に潜入
    サナギ新宿
  • 石狩ジュンコ

    2016年春、バスターミナルの「バスタ新宿」、そして商業施設の「ニュウマン」がオープンし、新宿駅の南口~東口は大きく様変わりしました。そんな新宿駅に、またもや大きな変化が! 今度は東南口付近にある国道20号線(甲州街道)の高架下が、とにかくオシャレなカフェ&イベントスペースに大変身を遂げました!

  • 石狩ジュンコ

    12月9日にオープンしたのは、その名も「サナギ新宿」。名前を聞くと「え? サナギ? 虫の?」と困惑する人も多いかもしれませんが、このサナギ新宿がかなりヤバいことになっているということで、オープン前日に行われたプレス内覧会にお邪魔してきちゃいました!

  • 石狩ジュンコ

    国道20号線の高架下と言えば、再開発で長らくビニールシートがかけられていたのを覚えていますでしょうか。駅近くの高架下ということもあり、ゴミもまばらで正直ちょっと汚かった場所。しかし! このたびオープンしたサナギ新宿によって、まさに新宿駅の景観がガラリと変わったのです! ということで早速中に入ってみましょう~

  • 石狩ジュンコ

    入口を潜り抜けると、中にはコンテナのような建物が。この中がいよいよ、新たなる新宿のオシャレスペースということなのであります!

  • 石狩ジュンコ

    入ってみると、バーカウンターのような空間が。そして中央にドドーンと置かれた、こちらに是非ご注目ください!

  • 石狩ジュンコ

    なにこれ! とんでもなく可愛い! ガラス張りのケースの中には、カラフルなお花やおもちゃ、ぬいぐるみなどが散りばめられています。これは立ち飲みができるよう、グラスやお皿を置くためのテーブルになっています。

  • 石狩ジュンコ

    バーカウンターが満席になるとこんな感じです。カウンターにドリンクを置くことはおろか、ケースの中身は全く見えない状態に!(笑)ケースの中身を見たい方は昼~夕方など、空いている時間帯を狙って行くことがオススメです。この写真はSNSにアップしたら絶対モテるやつだよ!

  • 石狩ジュンコ

    なんと、サナギ新宿のオリジナル日本酒も販売しています! サナギ新宿公式キャラクターの「サナD」が主張しまくりのパッケージもイイ感じ。新たな新宿土産としてもゲットする価値アリなお酒です。

  • 石狩ジュンコ

    真っ赤なドリンクメニュー。キスマークのアイテムがくっついているだけなのに、こんなに女心がくすぐられる…! ドリンク類は「パクチーと大葉のモヒート」や「苺とベリーの杏仁スムージー」など、これまた女子が大好きそうなカクテル類やスムージーが並んでいます。これは、さっきのバーカウンターとともにSNSにアップしたら絶対にモテるやつ!

  • 石狩ジュンコ

    そしてバーカウンターを抜けると、4つのフードショップが入っている飲食スペースが広がります。さすが内覧会! とんでもない人数のお客さんがすでにお酒や食事を楽しんでいます。天井一面に広がる、アジアの屋台風のカラフルな提灯がなんとも気分をアゲてくれますね。

  • 石狩ジュンコ

    気になる4つのフードショップではヌードルや寿司、おでんなど、日本食を含めた幅広いアジア飯のメニューがバラエティ豊かに並んでいます。ヘルシー食ではなくがっつり肉を食べたい方には、タイ風ローストチキンの「サナギのガイヤーン」が、イチオシメニューだそうです!

  • 石狩ジュンコ

    筆者がいろいろなメニューを食べた感想で言うと、「点心爛漫」(税別500円)と「麻辣ヌードル」(税別980円)がとにかく美味しかった! 辛味や香辛料など、割と本場に近いテイストが味わえます。デザートのオススメはアイスやマシュマロなど具がどっさり詰まった「サナギどら焼きチョコミント」(税別650円)。パンケーキに次ぐどら焼きブームがサナギ新宿から到来するかも?

  • 石狩ジュンコ

    店内奥と入口隣の場所は、2つのイベントスペースになっています。この日はレセプションパーティーということで、有名DJやアーティストのライブが行われていました。今後も定期的に次世代アーティストやクリエイターのライブや展示が行われるとのこと。“ネオトーキョー”を掲げ、食だけでなく新しい日本のカルチャーを新宿から発信し、人々が集う場所にしたいというサナギ新宿。コンセプトを文章にするだけでオシャレすぎます。

  • 石狩ジュンコ

    このサナギ新宿、とにかく内装のデザインやディスプレイが細部までオシャレで楽しいのも魅力。注目のクリエイターの絵がズラ~っと展示されていたり、可愛いお皿が壁一面に飾られていたり。椅子やテーブルもひとつひとつ異なっているので、どの席に座るかによって楽しめる雰囲気が全然違います!

  • 石狩ジュンコ

    これらはなんと、トイレの天井に飾られているんです! 女子トイレには無数のぬいぐるみが、男子トイレには無数のフィギュアが、そして障害者用トイレには日本各地の名所が描かれたペナントがびーっちり張り巡らされています。これはヤバいくらいにインパクト大! トイレに長居したくなってしまうほど、眺めているだけで楽しいです。

  • 石狩ジュンコ

    今回プレス内覧会にお邪魔してみて、メニューから内装まで、とにかく来る人を楽しませる意欲がガンガン感じられました。新宿、そして東京の新しいエンターテイメントスペースとも言えるサナギ新宿。皆さんも新宿駅に立ち寄った際には是非遊びに行ってみてください!