">     
 
    volume 15232
  •     関東最古のヴィレヴァン、下北沢店へ行ってきた
    関東最古のヴィレヴァン、下北沢店へ行ってきた
    ヴィレッジヴァンガード 下北沢店
  •     はらだん

    28歳元タレント、現在はプロニートとして日々自宅の警備に励んでおります。よろしくお願いします!

    私、何を隠そうヴィレヴァン大大大好きっ子なのです。今回好きなテーマで連載をさせていただけると言うことで、大好きなヴィレヴァンのレポートをすることにしちゃいました!

    第1回の今回は、下北沢店さんにお邪魔しました。
    この記事を見た方に実際にお店に行って欲しいので、道順から紹介していきますね。

    最寄駅は井之頭線下北沢駅。南口から出ます。(駅前にセブンイレブンがオープンしていてびっくり!)
    駅を出たら左の道に入り、道沿いに進んで行くとマルシェ下北沢が見えてきます。ヴィレヴァンはこの一階の路面店です。

  •     はらだん

    到着!下北沢店は1998年にオープンし(関東で初出店)、営業時間も24時までと遅くまで営業しています。

    そうそう、入口のこの大きなTENGAが特徴的なんですよね~・・・って!?!?!?!?え!!!!!!!!!

    TENGA!?!?!?!?!?

    店内に入るといきなりTENGAコーナーがありました。今のところヴィレヴァンの中で下北沢店だけで展開されているそうです。ここまで堂々と陳列されちゃうと清々しい!

  •     はらだん

    雑貨屋さんだと思われがちですが実は“遊べる本屋”というキャッチコピーで図書券も使えるれっきとした本屋さんのヴィレヴァン。ここにも漫画・書籍コーナーが広々と展開されています。表紙買いだけでなくポップ買いする人も沢山いますよね!

    そして今回は下北沢店次長、長谷川さんに色々お話を聞かせていただきました!

  •     はらだん

    はらだん(以下:は)『長谷川さんは下北店に勤めてどのぐらいですか?』

    長谷川さん(以下:長)『4年ですね。初めは地元の小倉店だったんですけど、下北沢が一番長いです。普通は2年くらいおきに変わるはずなんですが、本部の人に存在忘れられてるのかも・・・』

    は『いやいやそんなはずは(笑) 今や下北店の名物店員さんになってますよね。そもそもヴィレヴァンで働くきっかけは何だったんですか?』

  •     はらだん

    長『私、最初の就職は小学校の非常勤講師だったんですが、違うなと思って1年でやめたんです。それで何をしようってなった時に、もともと好きで通ってたヴィレヴァンが店員を募集していたのを見てその足で面接を受けました。通い詰めていたせいで覚えられてたらしく、“あいつが面接に来たぞ!”って雰囲気になってたそうです(笑)』

    は『お客さんの頃から名物だったんですね!そんな長谷川さんの思う、下北店ならではな一押しのコーナーはどこですか?』

    長『KEYTALKですね!デビュー当初からKEYTALKは下北でのライブが多くホームみたいな感じなので、もう町全体で応援してるんです。うちには限定のコラボグッズもあるので、KEYTALKファンの聖地みたいになっていて賑わってますね。』

    は『町全体で!?あたたかいですね~。では、最近入荷したオススメ商品はありますか?』

    長『最近だと“フェザード・シジュ人形”ですね。去年みうらじゅんさんのデビュー35周年企画“ボク宝総選挙”でも1位をとったほぼ日刊イトイ新聞さんのゆるキャラで、自分も半年ほどフィギュア化に関わっているのでかなり思い入れがあります。』

  •     はらだん

    は『フィギュアを作ったりもされているんですね~!聴いていると店員さんもかなり自由度が高いんですね!』

    長『はい!店長はSilent Silenの大ファンでコーナーはもちろん、ガチャガチャを作ったりまでしてますよ。』

    は『えっ!外にあったサイサイちゃんのガチャガチャ、まさか店長さんの手作りだったとは(笑)』

  •     はらだん

    長『本当に皆が皆好きなことを職権乱用して遊んでるのが仕事になってる感じです。下北は特に若いお客様が多いので流行りのものも沢山置いてあるんですけど、その中に好きになって欲しいサブカル要素などを沢山盛り込んでいます。最初の目的は違ったとしても、お店を一周してみて新しい発見をしてもらえたらと日々思っています。』

    下北沢店、さすがは関東最古の店舗といったこだわりがたくさん見れましたね! そしてお話を聞いてみて、やはり店舗によってかなりの違いがある模様・・・。次回からのレポートもお楽しみに!