">     
 
    volume 13955
  • 思わずSNSにアップしたくなっちゃう! 神々しい「7色小籠包」
    思わずSNSにアップしたくなっちゃう! 神々しい「7色小籠包」
    鼎泰豊(Din Tai Fung)
  • コスプレライターつかさ

    日本から近く、親日家が多いといわれる台湾。料理は日本人好みの味が多く、近年ぐっと注目度が高まったように思います。メルボルン在住の筆者も漏れなく台湾好き。しかし、日本にいるときと違っておいそれと行ける距離ではなくなってしまったため、今回はメルボルンにある人気の台湾料理店「鼎泰豊(ディンタイフォン)」をご紹介いたします。日本人ライターがメルボルンで台湾料理を紹介するというややこしい記事…。

  • コスプレライターつかさ

    同店は、高級感がある割にお手頃価格で食べられるため、毎日多くのお客さんで賑わっています。メルボルンではフランクな接客が多いのですが、ここでは丁寧でにこやかな接客をしてくれます。日本人としてはなんだか懐かしい気持ちになります。

  • コスプレライターつかさ

    厨房が真ん中にどーんとあるのも特徴的。作っている様子がしっかり見えると安心できますよね。髪をしっかり束ねてマスクをしているのも、メルボルンではあまり見ない光景です。いい香りが漂っていて食欲が増す~! 

  • コスプレライターつかさ

    人気メニュー7色小籠包「Dumpling Games(7pcs)」(15.80豪ドル=約1,237円)は、ここに来たら絶対食べたい料理の1つ! 7色に彩られた小籠包はそれぞれ味が違っており、緑は「Salad green」、オレンジは「Golden Corn」、ピンクは「Seafood」、赤は「Bolognaise」、黄色は「Cheese」、グレーは「BBQ Pork」、紫は「Garlic Pork」です。どれを食べても間違いない美味しさ!

  • コスプレライターつかさ

    もちろん、スタンダードの小籠包「Steamed Pork Dumpling(Xiao Long Bao/8pcs)」(12.80豪ドル=1,002円)も絶品です。8個ペロッと余裕で食べられます。

  • コスプレライターつかさ

    おいしく食べる方法があったので、それに従って食べてみました。

  • コスプレライターつかさ

    酢醤油に生姜を加え、そこに小籠包をちょんちょんとつけてレンゲの上へ。小籠包に小さな穴を空けて中のスープを少し出して、酢醤油と混ぜます。

  • コスプレライターつかさ

    上に生姜をトッピングして完成! あぁ、見ているだけでヨダレが…。

  • コスプレライターつかさ

    ほかにもエビ卵チャーハン「Egg Fried Rice With Prawn」(15.80豪ドル=約1,237円)も、エビがぷりっぷりで美味しいのでオススメ。このパラパラご飯は家では出せない…。

  • コスプレライターつかさ

    酸辣湯(サンラータン)「Hot&Sour Soup With Shredded Pork(Small)」(6.80豪ドル=約533円)は細切り豚肉の入った酸っぱ辛いスープ。辛党に人気の一品です。まだまだ肌寒いメルボルンでは、こうした温かいスープがとても体にしみます。

  • コスプレライターつかさ

    いかがでしたか? 食べたくなってきた人、多いんじゃないですか? 実は同店は、国内にも東京、銀座、汐留を含め17店舗も展開しているんです! わざわざメルボルンで記事を書かなくてもよかったんです! いや、どの国でも「鼎泰豊」は人気だよ、と伝えたかったんです! 読者の皆様もぜひ7色小籠包を食べてSNSで自慢してみてください。筆者が「いいね!」をしに行きます。