">     
 
    volume 13925
  • 【グアムレポ】どうして仮装?なぜお化け?ハロウィンの疑問に迫ってみた
    【グアムレポ】どうして仮装?なぜお化け?ハロウィンの疑問に迫ってみた
  • りひゃん

    ハッファデイ~(チャモロ語で「こんにちは」) 今年もハロウィンの季節がやってきましたね。キタコレ!編集部は去年も「渋谷ハロウィン」「川崎ハロウィン」に潜入しましたが、大人がコスプレをして盛り上がる様子を取材をするうちに、「そもそもハロウィンってなんなの?」という疑問が生じました。今回はグアムのストア巡りをしながら、日本とグアム(アメリカ)のハロウィンの違いや、ハロウィンの歴史や風習などをレポートしていきたいと思います。

  • りひゃん

    まずやってきたのはパーティー関連グッズを取り扱う「アンダーグラウンドダンジョン」。観光客はまず訪れないであろう、ローカルに大人気のショップです。店内は、恐いお化けや魔女などが至るところに装飾されていて、まるで「ゴーストハウス」のようです。

  • りひゃん

    日本人が好みそうなコスチュームも、子供用から大人用まで、充実した品ぞろえです。日本では2010年以降から、ブームになったといわれているハロウィン。各地で開催された昨年のイベントも、カオス状態でした(もうこりごり…)。そんなハロウィンですが元々はヨーロッパ・アイルランド発祥で、秋の収穫を祝い悪霊を追い払う、宗教的な意味合いのあるお祭りだったのだそう。

  • りひゃん

    アイルランドに生息していた古代ケルト人の1年の終り、つまり大晦日は10月31日。この日の夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。また同時期に出てくるといわれていた、精霊や魔女から自身の身を守るために、仮面や仮装をしたのだとか。

  • りひゃん

    このように恐いお化けを自宅の庭や玄関先に置き、魔除けとしてお守り代わりにしていたそうですよ。それにしてもリアルな作りですね。日本では「ハロウィン=コスプレする日」というイメージが定着しつつありますが、日本のお正月や節分に“お札”を玄関先に飾るのと似たような習慣ですね。

  • りひゃん

    続いてやってきたのは大型ホームセンター「ホームデポ」。こちらにも大物のハロウィン商品が、コーナーを作っていました。

  • りひゃん

    こちらはハロウィンの象徴ともいえる顔が付いたかぼちゃ、その名も「ジャックオーランタン」です。日本でもこの時期度々見かけるのではないでしょうか。こちらも霊を追い払う目的で使用します。今でもハロウィンの習慣が色濃く残るアイルランドでは、本物のオレンジ色のカボチャをくり抜き、キャンドルを立てて玄関先に飾ります。こちらも悪霊をビビらせて追い払う、という目的があるそうです。

  • りひゃん

    庭に飾る用の墓石や魔女の置き物も、多数販売されていました。スイッチを押すと動いたり光ったりするので、見ているだけでも楽しめます。しかしこれが自宅にあることを想像すると…やっぱり怖いですね。

  • りひゃん

    続いて訪れたのは観光客も気軽に行ける「Kマート」。ここにも様々なハロウィングッズが販売していました。

  • りひゃん

    ハロウィンと言えばやはり「仮装」! これはグアム(アメリカ)も同じで、この時期になると「今年はどんな仮装をする?」という話題が度々あがります。基本的には魔女やゾンビ、ドラキュラなどのアメリカ映画の悪者として登場するキャラクターに扮するのが定番なのだとか。

  • りひゃん

    私は去年に続き、今年も「ミニーちゃん」仮装をする予定なのですが、ローカルからは「普通はモンスターとか怖い仮装をするんだよ。ミニーちゃんなんてつまらないよ」と大バッシング…。なので、金髪のウィッグを付けて顔に血のりでも塗ろうかな…と検討しています。

  • りひゃん

    忘れちゃいけないハロウィンの醍醐味が、子供たちによる「Trick or Treat(トリック・オア・トリート)」 。仮装をした(悪霊に扮した)子供たちがハロウィン当日に「トリック・オア・トリート!」と言いながらご近所を訪問し、お菓子を集めてまわります。なのでこの時期になると、当日配るための大袋のお菓子が多数陳列されます。

  • りひゃん

    「トリック・オア・トリート」とは「お菓子をくれないといたずらしちゃうよ」というニュアンスの言葉で、お菓子をあげなかった場合実際にいたずらしても良い、というルールもあるんだそう。現代のグアムのハロウィンは、日本と同様楽しいイベントの一つとして捉えられています。しかし仮装や家の装飾、当日のパーティーなどは、純粋なハロウィンに近いことをします。ハロウィン当日も取材予定なので、日本との違いをまたレポートしますね。今年も楽しいハロウィンになりますように。ハッピーハロウィーン!