">     
 
    volume 13915
  • 抹茶ラテが絶品! 日本人夫妻が営むメルボルンのほっこりカフェ
    抹茶ラテが絶品! 日本人夫妻が営むメルボルンのほっこりカフェ
    tana cafe
  • コスプレライターつかさ

    オーストラリア・メルボルンに住む私ですが、現地にいる人の早口英語を聞いては「パ……パードゥン……?」を繰り返す日々。「もうこんな生活イヤや!日本帰る!」とだだをこねる私をなだめて友人が連れて来てくれたのがこちらの「tana cafe」。日本人夫妻が営む地元密着の優しい雰囲気を持つカフェです。

  • コスプレライターつかさ

    私が日本人だとわかると日本語で優しく話しかけてくれる店員さん。グラタンやたまごサンドといった日本らしいカフェメニューがそろっています。今この瞬間は、ここが日本や……!

  • コスプレライターつかさ

    カウンターと中央のテーブル席を合わせて10~15席ほどの店内。お客さんは地元のオーストラリア人がほとんどで、毎日コーヒーを飲みに来る人が多いそうです。海外で地域密着のカフェを営むなんて、オシャレすぎる。

  • コスプレライターつかさ

    友人の勧めで「抹茶ラテ」(4豪ドル=約308円)をオーダー。これが本当に美味しくて、あたたかくて、慣れない環境で疲れた心を優しく癒してくれます。

  • コスプレライターつかさ

    「ミックスプレート」(12豪ドル=約923円)は、素材を活かしたさっぱりとした味わいで、朝ごはんにピッタリの量です。「体にいいものを食べている」という実感があります。

  • コスプレライターつかさ

    「クロックムッシュ」(9豪ドル=約692円)は、意外とお腹が膨れるので男性にもオススメです。店長さんが運んできてくれたので、そのままお話をうかがいました。

  • コスプレライターつかさ

    もともと日本で和食店の調理師をしていたという店長さん。メルボルンに来たのは2001年で、それまでずっと和食に携わってきたけれど、メルボルンのカフェ文化に触れ、奥さんがコーヒー好きだったこともあり、2011年6月に同店をオープン。今年でなんと5周年になるとのこと。

  • コスプレライターつかさ

    「調理師のときとは違い、お客さんとの距離が近く、コーヒーを飲んだ時の反応をすぐに見られるので楽しいです」と話す店長さん。取材中もこまめにお客さんに話しかける姿が見られました。

  • コスプレライターつかさ

    私はホームシックだったので、今回は抹茶ラテを頼みましたが、同店のメインはコーヒー! 「ローカルの材料を使うように心がけています」と、店長さん。

  • コスプレライターつかさ

    店長さんの思いはしっかりお客さんに届いているようで、隣りから「ここのコーヒー本当に美味しいのよ」という会話が聞こえてきました。めっちゃ愛されてるやん。

  • コスプレライターつかさ

    そんなほっこりとした空間に完全に癒された私は、「メルボルンもいいかも知れない」と手のひらくるり。メルボルンにきて、日本が恋しくなったらぜひ同店に足を運んでみてください。優しい店長と店員さんが出迎えてくれます。