">     
 
    volume 13141
  • 渋谷ど真ん中の
    渋谷ど真ん中の"裏庭"的カフェがサプライズだらけだった件。
    ura庭
  • 鼻毛の森

    北陸在住(理想論撲滅シンガーソング)ライター『鼻毛の森』です。
    本日は渋谷の喧騒ど真ん中「センター街」に降り立ちました。
    「最先端」ならなんでも集まる“アンテナ張りまくり”エリアで、最近話題の「サプライズ」が待っているとかいないとか。
    最近は人生経験からか「驚き」に鈍感になってますし、あの頃のトキメキを求めて目的地へレッツラゴー(古い)です!

  • 鼻毛の森

    JR渋谷駅のハチ公口から徒歩3分、地下鉄渋谷駅から徒歩3分、東急東横線から渋谷駅徒歩3分、京王井の頭線から渋谷駅徒歩3分。
    角地にそびえるシックなビルの最上階(3階)……なんだこの飲食店経営者の「夢」そのものな好物件は!

  • 鼻毛の森

    半ば吸い込まれるように階段を上り、突き当たった先に目当ての「カフェ」が存在します。
    2階エリアの踊り場を超えたあたりから漂う「隠れ家」感……主張を抑えた案内看板には大人の余裕を感じますね。

  • 鼻毛の森

    入り口ドアをくぐります。店名は『ura庭』。 周囲の喧騒を忘れさせてくれる「隠れ家ダイニングカフェ」です。

  • 鼻毛の森

    店内は木の温もりと緑溢れる大人の空間で、45名までの貸切パーティも可能なキャパシティ。
    全席ソファのゆったり感には長居必至で、ついつい迷惑な客になりそうです。
    ドリンクメニューも豊富で、国産野菜を用いたパスタやバーニャカウダなどの手作り料理、パティシエが彩るスイーツとともに味わえます。
    この堂々たる王道感……サプライズへの前フリ……ですよね?

  • 鼻毛の森

    さて、オーナーの羽田善行さんのおでましです。残念ながらイケメンです。
    フレア・バーテンダーのタンデム世界チャンピオン「ZEN」としてメディアでも知られた彼が、卓越したパフォーマンスをあえて封印し、そのストイックなスタンスをカフェ経営に注ぐ『ura庭』。
    実は下目黒の『Garden』(=庭)に続く2店舗目で、先日すぐそばに3店舗目となる『8528』(=ハコニワ)をオープンさせたばかり……ある意味、飲食界の一流「庭師」ですね。
    実は今回、「バーテンダー世界チャンプ」という経歴が“サプライズ”だと思い込んでいた記者……それすらも前フリに据える新たな「ナンバーワン」ネタがあるといいます。

  • 鼻毛の森

    こちらです!
    誕生日や記念日にお勧めの女子力高めなプチサプライズ!
    スイーツのプレートを手書きで彩る「チョコペンアート」が“可愛すぎる”と口コミで広がり、某有名女性ファッション誌で「サプライズに利用したい店」ナンバーワンに。
    1枚につき1時間半を要する「おもてなし」メニューの思いがけない大ブレイクは、お店にとっても“サプライズ”だったそうです。

  • 鼻毛の森

    ちなみに「キタコレ!」スペシャルオーダーで撮影できなかったのは「前日予約」をうっかり忘れる“サプライズ”を起こした記者(鼻毛の森)の責任ですが、「絵になる方が謝ったほうがいい」という判断で羽田オーナーにNGポーズをとってもらう“サプライズ”も。
    そんなサービス精神旺盛な羽田オーナーは、完成品を図時インスタグラムにアップしているそうなので要チェック!
    ええ、もちろん開き直りです。

  • 鼻毛の森

    さあ、お店も混雑してきたようですし、そろそろおいとましようかなと思ったら。
    あれ?見落としていた左側のボックス席に見たことのあるような人が……

  • 鼻毛の森

    うん。どこかしらで確実に取材したような人だ。

  • 鼻毛の森

    なんという“サプライズ”! 偶然居合わせた(?)彼は、キタコレ読者にはお馴染みの“資格依存症男”「鈴木秀明」さん。
    総合情報サイト「オールアバウト」で資格ガイドを務め、雑誌特集記事の監修や資格関連書籍の執筆、取得のコーチング、試験の主催元団体へのコンサルティングやプロモーション支援など、資格・検定にまつわる全てに関わるまさに「資格のプロ」です。※8月20日現在の獲得数は477個。
    (1)「受験会場潜入リポート」当時の記事はこちら!
    (2)「富山の実家訪問リポート」当時の記事はこちら!
    (3)「渋谷の『スタディラウンジ』で再会」当時の記事はこちら!
    鈴木:ここもたまたま入ってみたんですよ。本をじっくり読むには最高の環境ですね。
    鼻毛:そのじっくり感……見届けさせてもらおうか。(せっかくだし)

  • 鼻毛の森

    「資格マエストロがこっそり実践する 驚異の『合格』勉強術」(鈴木秀明著・2013)を熟読する鈴木さん(本人)。

  • 鼻毛の森

    「ラクして受かる勉強法」(鈴木秀明著・2012)を熟読する鈴木さん(本人)。

  • 鼻毛の森

    「10年後に生き残る最強の勉強術」(鈴木秀明著・2016)を熟読する鈴木さん(本人)。

  • 鼻毛の森

    前回の渋谷の『スタディラウンジ』(リンクは記事)とオチが同じ! しかも前の6枚は写真の構図も同じ(新撮にもかかわらず)という“サプライズ”!

  • 鼻毛の森

    ちなみに、「誕生日」が間もなくやってくるという鈴木さん。
    もしかしたら「チョコペンアート」を注文してくれたのでは……との淡い期待も淡いまま時間が過ぎました。
    役に立たない男だぜ!(コラ)

  • 鼻毛の森

    鈴木さんにおける「資格」のように、イベント毎に「サプライズ」を求めてしまい、そこそこの結果では満足できなくなるかもしれない「依存症」予備軍の方に伝えておきたい言葉があります。「お気を確かに」と。
    今一度、基本はありえない前提であるからこその“サプライズ”なのだと原点に戻ってみてください。
    そんな『ura庭』の“サプライズ”をより効果的に演出してくれるかもしれないメッセージは、私めのCDベスト盤『GRAY-TASTE FITS』の3曲目あたりで代弁しているのでぜひご検討ください。
    思い切って歌のサプライズに私めはご指名いかがですか?オーナーのは・ね・だ・さ・ん!

INFORMATION

PLACEura庭

ura庭
住所: 渋谷区宇田川町30-2 ケゼットハウス3F
営業時間: 12時~深夜0時
定休日: 第3月曜(祝日の場合翌日休)
TEL: 03-6455-1454
HP: http://uraniwa.net/
備考:

2016年8月25日配信

PERSON鼻毛の森

鼻毛の森
「残念な現実」を歌詞に綴った"アウトレットJ-POP"を世に送る「脱理想論」特化型シンガーソングライター。
「誰でもよかっただから君でもよかった」「幸せだと思うことにするよ」「だから言ったのに」..."現実的過ぎる"表題・歌詞に"王道すぎる"メロディ・サウンドを重ねた意図的な違和感が秀逸と話題に。
CX「アウト×デラックス」などあらゆるメディアを通じて「プチ炎上」による拡散を続ける傍ら、業界内で高く評価される「言葉の妙」を活かし、ラジオパーソナリティ、司会者、コラムニスト、フリーライターとしても活躍中。
北陸新幹線開業で潤う石川県金沢市在住だが、その恩恵は直接受けていない。