">     
 
    volume 12715
  •     【グアムレポ】雪玉作ってる?グアムのかき氷屋さん「ハッファロハ!」はおしゃれで美味しい
    【グアムレポ】雪玉作ってる?グアムのかき氷屋さん「ハッファロハ!」はおしゃれで美味しい
    ハファロファ(hafalofa)
  •     りひゃん

    ハッファデイ~!(チャモロ語で「こんにちは」)日本の夏ならではのデザートといえば「かき氷」。近年グアムでも、かき氷スタンドや専門店が続々とオープンし、ちょっとしたブームになりつつあります。今回訪れたのは、そんなかき氷業界でも異色を放つ「hafaloha!(ハッファロハ!)」というお店。場所は「パシフィックアイランドクラブ(通称PICホテル)」向かい。ツーリストでも歩いて行ける立地にあります。

  •     りひゃん

    あれ?かき氷屋さんに来たはずなのに、店内にはTシャツやキャップ、サングラスなどの服飾雑貨が…。実は同店、元々ファッションブランドのお店で、セレクトショップやオンラインなどで、アパレル販売をしていました。オーナーはハワイで生まれ、グアムとハワイを行き来し両島の文化に影響を受けながら育ったそう。店名の「ハッファロハ!」も、チャモロ語のハファデイとハワイ語のアロハが融合した、オーナー自身の生い立ちを象徴しているのですね。

  •     りひゃん

    2015年11月にオープンした待望の実店舗。店内にはシェイブドアイススタンドを設け、アパレルとかき氷という、ちょっとユニークなお店が完成したのです。

  •     りひゃん

    気になるかき氷の味ですが、写真の通りとってもバリエーション豊か。シロップは3種類まで選択することができますが、いや~選びきれないね!

  •     りひゃん

    迷いに迷って、選んだシロップをスタッフに伝えると、さっそくかき氷作りに取り掛かります。

  •     りひゃん

    おぉ…両手を使って制作しています。もはや工作。

  •     りひゃん

    まあるく形を整えてと、まるで雪玉を作っているよう。慣れた手つきで、キレイな形に出来上がっていきます。

  •     りひゃん

    先程選んだシロップを、ドボドボドボ…と見ていて不安になってくるほど、たっぷり染み込ませていきます。そして…

  •     りひゃん

    完成しました! 私がオーダーしたのは一番大きな「カフナ」(6.25ドル)なんと約567gもあるそう。パイナップル、ピーチ、マンゴーシロップで、フルーティーな感じに仕上げました。真ん中の「レギュラー」(5.75ドル)は、ホワイトチョコレート、マカダミア、ブルーベリーで、ご覧のような見た目。一番小さな「ディキキ」(4.95ドル)は、ブルーベリー、スイカ、ストロベリーをチョイス。正直一番小さなサイズでも大きく感じるほど、どデカいです。

  •     りひゃん

    ここからが私たち取材班の、地味な戦いの始まりでした。とにかく大きいので、まずどこから手を付ければ良いかわからない…。無言でやっつけていきます。

  •     りひゃん

    王道のスプーンで地道にサクサク食べる、ストローで底から攻める…。色々試行錯誤しながら食べ進めていくと、アイスクリームが出てきます。ちょうど飽きてきたところで、絶妙なタイミングで現れてきました。アイスの有無はお好みで選択できるので、ぜひ投入することをオススメします。

  •     りひゃん

    ヤケ食いだー! とばかりにがっつくのも、それはそれで良い思い出。グアムでじわじわとブームなかき氷のお店「ハッファロハ!」。アパレルラインも、グアムオリジナルデザインばかりなので、ぜひ訪れてみてはいかがでしょう。