">     
 
    volume 11814
  • 広島安芸の食や温泉も! 伝統芸能「神楽」鑑賞ツアーへ
    広島安芸の食や温泉も! 伝統芸能「神楽」鑑賞ツアーへ
    神楽門前湯治村
  • 上野瞳 海老原りさ

    というわけで、「神楽門前湯治村」をご紹介しましたが、まだまだ美味しい食べ物やオススメの温泉はありますよ! 食べ物で一推しなのが、“鬼より辛い”という「夜叉うどん」。唐辛子のきいた辛いスープが特徴で、あっさりしていながら旨味がしっかり! 味のしみた豚肉と青ネギの食感が食欲を掻き立てる、絶品のうどんです。

  • 上野瞳 海老原りさ

    夕食時には、地元の猟師さんが狩りで捕獲したという鹿やイノシシの肉などの珍味を味わえます。山里ならではの料理が楽しめるというわけですね。また、お刺身に「ワニ肉」というのがあるのですが、「サメ」の肉のことで地元ではそう呼ぶそう。生ものですが、日持ちする故、山里に住む人たちは好んでそれを食べるのだとか。

  • 上野瞳 海老原りさ

    神楽門前湯治村では、何といっても温泉は外せません! 「天然ラドン温泉」は、地元の人も愛用する村自慢の天然温泉。料金は、大人700円、子ども400円です。

  • 上野瞳 海老原りさ

    1階には大浴場、2階には寝湯やサウナ、屋外にはバルコニージェットバスまであり、多彩なお風呂が楽しめます。

  • 上野瞳 海老原りさ

    しかも、露天風呂には打たせ湯があったりと、ここは疲れた体を癒すのに十分な施設になっているというわけです。

  • 上野瞳 海老原りさ

    さて、こちらは、村の中にある料理屋さん「ふくすけ」。ここでは地元の特産物を活かした料理を味わうことができ、郷土愛あふれる空間と料理を存分に堪能することができます。

  • 上野瞳 海老原りさ

    「ふくすけ」でいただく朝食は、眠っている体をゆっくりと目覚めさせてくれ、お米がとにかく美味しくて、ついおかわりをしてしまうほど。そして、ご飯の美味しさを引き立ててくれるおかずにも注目。それはもう目が飛び出るくらい美味しかったですよ!

  • 上野瞳 海老原りさ

    「神楽ドーム」にやってきました。ここは最大で2000人を収容できる、日本で唯一の神楽専門の観覧施設。子どもからお年寄りまで、さまざまな世代の人たちが足を運び会場を埋めていくのですが、この日も開演前から賑わいを見せていました。

  • 上野瞳 海老原りさ

    「神楽」とは、日本の伝統芸能のひとつで、平安時代から行われている神様にささげる歌や踊りのこと。この日披露された「八岐大蛇」では、8匹の蛇が絡まることなく左右に動き回り、広い舞台を覆い尽くすほどの舞を見せて会場を盛り上げました。ここでは、初めて来たという方にも楽しんでもらうためイヤホンの貸し出しが行われ、解説を聞きながら公演を楽しむことができます。初見でも神楽の魅力を味わえること間違いなし!

  • 上野瞳 海老原りさ

    そして今回披露された「ひろしま安芸高田神楽」ですが、このたび東京での公演が決定! 2016年1月16日に日経ホールで行われます。料金は、大人3000円、中学生以下2000円。一年に一度行われる東京公演は、いつも大人気。広島の伝統芸能をぜひこの機会に触れてみよう!

  • 上野瞳 海老原りさ

    心休まり郷土愛にあふれる、神楽の聖地「神楽門前湯治村」。今回私たちが参加した、山里ならではの美味や珍味も楽しめる「神楽鑑賞ツアー」は、まだまだ募集中とのことなので、興味ある人はホームページをチェックしてみて。東京公演には家族や友人、恋人などを連れて行くのもあり。きっと広島の伝統芸能の素晴らしさを共感できるはずです。