">     
 
    volume 11655
  •     原宿のカフェでヘビとコーヒーブレイク?
    原宿のカフェでヘビとコーヒーブレイク?
    東京スネークセンター
  •     トキエス

    最近では、「猫カフェ」や「ふくろうカフェ」など、可愛らしい動物と触れ合えるお店が数多くありますが、8月8日に原宿にオープンしたのは、一風変わったカフェ。なんと、鋭い目つきと口からぴょろろんと飛び出す舌が特徴的な「ヘビ」がいるんだそう! その名も「東京スネークセンター」。え、ヘビ? そう思う方も多いかもしれませんが、意外とヘビって可愛いんですよ。そんなわけで今回は、自称「女性版ムツゴロウ」ことコスプレライターつかさとキタコレポート! 「猫だけじゃなくヘビも好きやで」とつかさ。なぜだか意気込んでいます。

  •     トキエス

    さっそく店内に入ると、いろんな種類のヘビたちがお出迎え。その中からお気に入りのヘビを1匹見つけて自分の席に連れて行くことができます。同店の入場料は、1ドリンク・1アテンド付きで1000円となります。

  •     トキエス

    セイウシシバナヘビヘテロアルビノやコーンスネークフローレッセントオレンジなど店内には20種類35匹のヘビがいるのだとか。今回つかさが指名したのは、小さめの身体にクリクリの目が特徴的な、トラジロウくん。「トランスペコスラットスネーク・イエローブロンド」というなんともカッコイイ名前の種類ですね。

  •     トキエス

    同店は、ヘビをアテンドしながらドリンクを注文できるのがポイントですが、ドリンク以外にもスイーツや軽食なども楽しめます。こちらは「ケーキの盛り合わせ」(864円)。マンゴーソースのかかったバニラアイスやシュー生地のイチゴケーキ、サワークリームのムースケーキ、チョコケーキが味わえるほか、しっとりとしたヘビのビスケットである「ヘビスケ」なども食べることができます。なんとも盛りだくさん。

  •     トキエス

    つかさが手に持っているのが、その「ヘビスケ」。この可愛らしいビスケットは162円で単品で購入も可能。ヘビカフェのお土産に最適ですよ。

  •     トキエス

    カフェにヘビがいるのはなんとも不思議な光景。でもそんなことはお構いなしに、時々上目遣いしてくるトラジロウくんの可愛さに、つかさはもうメロメロ。それにしてもどうしてヘビのいるカフェを? 支配人の金子さんによれば、自身が巳年生まれということもあって、ヘビのことがとても大好きなんだそう。世の中にヘビの素晴らしさをもっと伝えたいという思いから、オリジナルブランドを立ち上げてヘビ革を使った雑貨を販売。その延長線上の事業としてこのヘビカフェを誕生させたのだとか。

  •     トキエス

    「可愛すぎて、触りたい!」とつかさ。そんな人は、別途540円を支払えばヘビに触れることができちゃいます。その際、ヘビを手のひらに乗せるようにしてやさしく触ってあげることがポイント。ヘビは臆病な動物なので、顔の前に急に手を出すとビックリしちゃうみたい。なので気をつけて触りましょう! 一方でムツゴロウつかさは大喜び。中にはヘビにエサをあげたいという方もいるかもしれませんが、ヘビは週に1回しかエサを食べません。ちなみに食べるエサはねずみ。なので残念ながらヘビがエサを食べているところは見れないんだそう。

  •     トキエス

    すっかりトラジロウくんに心奪われたつかさ。ついに「トラジロウくん飼いたいわぁ」と悩み始めました。それも真剣に。つかさのようにヘビを飼いたくなった人のために、同店ではヘビの飼育や生体に関する本が販売されています。しかも、ヘビ専門の獣医師に飼育相談することも可能なんです! ヘビ好き(?)にとって親切すぎるカフェなんですね。

  •     トキエス

    見て触れて癒されるだけでなく、ヘビについて学ぶことができる「東京スネークセンター」。同店には、本のほかにもたくさんのオススメヘビ関連グッズがあるので、要チェック! ・・・少し変わったコーヒータイムを味わいたいという方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。