">     
 
    volume 11471
  •     世界の朝食を食べて脳内海外旅行!in 外苑前
    世界の朝食を食べて脳内海外旅行!in 外苑前
    WORLD BREAKFAST ALLDAY
  •     トキエス

    お金も時間もない…でも海外旅行に行きたい! せめて海外の雰囲気を日本で味わえたら、少しでもその欲望を満たすことができるのに…! そんな海外ホリックの方にオススメのスポットを発見。その名も“WORLD BREAKFAST ALLDAY”。「朝ごはんを通して世界を知る」というコンセプトのこのお店は、外苑前から約徒歩5分のところにあります。さっそくキタコレポート!

  •     トキエス

    店内に入ると、海外の商品、可愛らしい照明、そしてフルーツなど、素敵なインテリアたちが目の前に広がります。海外のような雰囲気にうっとり。

  •     トキエス

    気になるメニューはというと、イングリッシュブレックファスト(1400円)、ミューズリー(1000円)というレギュラーメニューの他に、2ヶ月に1回変わるスペシャルメニューがあります。7月と8月はタヒチ。今回で14カ国目なのだとか! 去年の夏はインド、一昨年はメキシコだったそうです。常夏を感じられるメニューや雰囲気にわくわくが止まりません! テーブルの上の、タヒチの貝殻や国旗のインテリアも気分を上げてくれます。まるで現地のレストランに来ちゃったみたい!

  •     トキエス

    テーブルの上にはタヒチの文化について書かれたリーフレットが置いてあります。「タヒチの女性は働き者なんだ!」「おはようは la o ranaって言うんだ!」料理が届くまでの間、文化を学べることで、脳内旅行できちゃいますね!

  •     トキエス

    タヒチでよく飲まれているロツイ(680円)。最高級パイナップルジュースで一般的な家庭でよく飲まれているのだとか。ほのかな甘みで熱い夏にもピッタリ。

  •     トキエス

    タヒチの朝ご飯(1500円)。新鮮なマグロと野菜をレモンとココナッツミルクで和えたタヒチの伝統料理「Poisson Cru(ポワソンクリュ)」、バゲット、タヒチアンが日曜の朝によく食べるチャーシュー「Pua Roti」そしてフルーツをオーブンで焼いた「P'oe(ポエ)」。ワンプレートに国の文化が詰め込まれています。爽やかなタヒチ朝ご飯は、朝はもちろん、ランチやディナーにもオススメ。

  •     トキエス

    「Poisson Cru(ポワソンクリュ)」はバケットと一緒に食べるのが一般的。ココナッツとレモンの香りがバケットと合う! でもなぜバゲット…? そう、タヒチはフランス領。だからバゲットがよく食べられているのだとか! またひとつタヒチについて知ることができました。

  •     トキエス

    文化も味も知ることができる。そんな素敵なお店ができたきっかけ。それはWORLD BREAKFAST ALLDAYと同じく、日光デザインが運営する「書院造に泊まって日本を知る」というコンセプトの宿「NIKKO INN」での出来事。泊まりにきた外国人たちとよく朝ご飯の話をすることが多く、そこからヒントを得たそうです。

  •     トキエス

    例えば、外国人の日本食のイメージって「寿司」ですよね? 日本の朝ごはんに欠かせないみそ汁は日本の良さが詰まっているのに、あまり知られていない。朝ごはんはその土地のよく手に入りやすい食材、気候、国の生活スタイルが詰め込まれているもの。「朝ごはんを通して文化を紹介したい!」「日本の東京と世界の文化の橋渡しになればいいな。」という思いからこのお店が完成したのだとか。WORLD BREAKFAST ALLDAYも、NIKKO INNもすてきな文化交流の場です。

  •     トキエス

    そんな素敵な思いからできたWORLD BREAK FAST ALLDAY。正直、タヒチの朝ご飯がこんなに気軽に食べれるお店ってなかなか探しても見つからない! そしてご飯を食べながら文化に触れる事で脳内でタヒチ旅行を満喫できます。タヒチは8月末まで。

  •     トキエス

    9月からはいったいどんな国へ脳内旅行ができるのでしょうか? ワクワクがとまらないWORLD BREAKFAST ALLDAYに今後も期待!