">     
 
    volume 11126
  •     六本木に木ノ葉の里が!「NARUTO展」に行ってきた
    六本木に木ノ葉の里が!「NARUTO展」に行ってきた
    森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
  •     ふくい

    『週刊少年ジャンプ』で1999年に連載がスタートした大人気忍者漫画「NARUTO」。昨年11月に連載を完結したことを記念して「連載完結記念 岸本斉史 NARUTO−ナルト−展」が開催されていることをご存知ですか? 六本木ヒルズ周辺を歩いていると、メトロハットの大きなNARUTOが見えてきました! 

  •     ふくい

    4月23日、同展の会場であるここ森アーツセンターギャラリーでプレス向けのお披露目会が開催されるということでキタコレ!編集部もワクワクして潜入。会場には、NARUTOファンを代表して、乃木坂46の生駒里奈さん、鳴戸親方(元・琴欧洲関)、そして小島よしおさんが登場しました! いこまちゃんもNARUTO好きなんですね〜。

  •     ふくい

    小島よしおさん、「展示を見て思いついた」と新ギャグ「螺旋丸パッピー」を披露。

  •     ふくい

    静まり返る会場。いこまちゃんは「チャクラが足りなかったんじゃないですか?」とフォロー。また、コスプレをしてみたいキャラクターを聞かれたいこまちゃんは「ナルト、サクラ、サスケは前にやったから、次は暁のサソリがやりたい!」とマニアックなファンっぷり。すると小島がサソリの新ギャグ「スコーピオン!」を披露。これにはいこまちゃんも大爆笑!

  •     ふくい

    記者からの「鳴戸親方と次の火影を決める戦いをして下さい!」という無茶ぶりを受けた小島は親方と相撲で戦うことに! 一蹴されてました。

  •     ふくい

    作品の魅力について「弱かったり劣等感があったり、ナルトってみんなの心の中を映し出したようなキャラクターなんですよね。そのナルトが成長していく姿を自分に投影して励まされることがこの作品の一番の魅力ではないでしょうか」と語る小島よしおさん。いこまちゃんはNARUTO展で号泣したとか。これは期待が高まる…!

  •     ふくい

    ということで、ここからはNARUTO展の中です! 中に入ると、第一話のナルト初登場シーンを再現したエリアが! 歴代の火影たちを讃える火影岩にいたずら描きをする少年期のナルト。小島よしおさんも言っていましたが、ナルトはここからどんどん成長していくんですよね。

  •     ふくい

    同展には、扉用のイラストの展示もあります。

  •     ふくい

    「忍の闇」というテーマで忍の世界の闇の部分を展示化したコーナーや、両親のいなかったナルトが、親の愛をきちんと受けていたことを実感する暖かいコーナーも。

  •     ふくい

    たくさんの原画も展示されています! あの名シーンを読み返しながら、15年間のナルトの世界を追体験することもできます。

  •     ふくい

    サスケの記憶が彼の中でフラッシュバックしているかのようなイメージで展示されているサスケフィギュアも、殉職した木の葉隠れの里の忍たちを祀った慰霊碑の前に佇む等身大カカシのフィギュアも。そして無事に大団円を迎えた作品の象徴として、七代目火影に就任したナルトの等身大フィギュアを展示! ナルト、こんなに立派になって…。

  •     ふくい

    展示の最後には、ボルト(ナルトの息子)をはじめとした次世代の原画を展示。『週刊少年ジャンプ』でも、NARUTOの最終話はカラーでしたね。また、22・23号併合から始まる短期集中連載の週替わり展示や、夏の映画「BORUTO-NARUTO THE MOVIE-」の設定画など、最新のNARUTOの展開も展示。

  •     ふくい

    そして全ての展示を見終わった後には公式ショップがあります。120点以上のオリジナルグッズなどを販売しているので、ここでしか買えないナルトグッズもたくさん! 「額当て」(1500円)も売っていました!

  •     ふくい

    同展期間中、六本木ヒルズ内では「六本木忍の里」キャンペーンも開催。六本木ヒルズ内27店舗の飲食店に期間限定オリジナルメニューが登場しています。こちらはノースタワー1F ブラッセリー ル デュックの「木ノ葉隠れ秘伝・火影カレー」。

  •     ふくい

    「幻術・AR 火影岩の術」という4月21日〜5月3日の期間限定企画もありました(※現在は終了)。「NARUTO-ナルト-展 六本木の里アプリ」のカメラを起動して六本木ヒルズのメトロハットにかざすと、AR技術を使った巨大火影岩が出現。記者が前を通りかかったとき、観光客に撮影をお願いされました。

  •     ふくい

    また、六本木ヒルズにはキャラクターのフォトスポットも。何人見つけられるかな? 作者の岸本さんは「『NARUTOはよく知らねーや』という方、もうコミックなんて読まなくてもいいです! このNARUTO展にさえ来て下さればNARUTOの全容は理解できるものになっております! 皆様! ぜひ足を運んで下されば幸いです!」とコメントしています。次の休日、NARUTOの世界を体感してみるのはいかがですか? 以上、キタコレポートでした!

INFORMATION

PLACE森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)

森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
住所: 〒106-0032 東京都港区六本木6-10-1
開催日: 2015年4月26日(日)~2015年6月28日(日)
開催時間: 4月26日〜5月6日と6月20日〜28日の毎日、左記以外の土日 9時〜21時  5月7日〜6月19日の平日 10時〜20時
料金: 【当日券】一般・学生:2000円  中学・高校生:1500円  4歳〜小学生:800円
HP: http://naruto-ten.com

PERSONふくい

ふくい
スコーピオン練習中。